トップ犬の種類か行に属する犬の種類グリークヘアハウンド

グリークヘアハウンド

 グリークヘアハウンドの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

グリークヘアハウンドの基本情報

グリークヘアハウンド
  • 体高
    オス⇒ 47~55cm
    メス⇒ 45~53cm
  • 体重
    17~20kg
  • 分類
    Group6(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

グリークヘアハウンドの歴史・ルーツ

 グリークヘアハウンドの起源は、数千年前、ギリシャ南部のペロポネソス半島に生息していた「Laconikoi Kynes」と呼ばれる犬だと考えられています。この犬はその後、近隣諸国の植民地化や海上貿易に伴ってギリシア全土に散らばり、数多くの子孫を残すこととなりました。
 1996年、ギリシア産としては初の犬種としてFCIに公認されています。FCIにおいては、「古代ギリシャの猟犬」を意味する「ヘレニックハウンド」(Hellenic Hound, Hellinikos Ichnilatis)という名で登録されていますが、英語圏においては「グリークヘアハウンド」(Greek Harehound, hareとは野ウサギのこと)と呼ばれます。

グリークヘアハウンドの性格・特徴

 グリークヘアハウンドの性格は、活発で外向的です。獲物を見つけると恐れを知らないハンターに豹変しますが、飼い主に対しては従順です。セントハウンドですので、匂いに対する執着が強く、周囲が見えなくなってしまうこともあります。
 被毛は短く、毛色はブラックアンドタンのみです。3色からなるトライカラーの個体もいますが、公認はされていません。

グリークヘアハウンドのお手入れ・注意点

 グリークヘアハウンドには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で大丈夫でしょう。

グリークヘアハウンドの動画

 以下でご紹介するのはグリークヘアハウンドの動画です。
 グリークヘアハウンドが生まれ育った場所は、地の利が悪かったことから他の犬種との交雑が起こらず、昔からの姿を比較的よく残していると言われています。
元動画は⇒こちら
グリークヘアハウンドトップへ