トップ犬の種類あ行に属する犬の種類オーベルニュポインター

オーベルニュポインター

 オーベルニュポインターの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

オーベルニュポインターの基本情報

オーベルニュポインター
  • 体高
    オス⇒ 57~63cm
    メス⇒ 53~59cm
  • 体重
    -kg
  • 分類
    Group7(FCI)
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

オーベルニュポインターの歴史・ルーツ

 オーベルニュポインターの起源は定かではありません。一説によると、1798年、フランスのナポレオンによってマルタ島が占拠された際、そこにいたマルタ騎士団の一部が猟犬を連れてオーベルニュ地方へやってきて、この犬種の基礎を築いたと言われています。また、かつてフレンチポインタークラブの代表を務めていたジャン・セルヴィエは、この犬種をフレンチポインターとピレニアンポインターの交配種だと推測しています。どちらの説が正しいにせよ、オーベルニュポインターはフランス南部にあるオーベルニュ地方で、数百年前から猟犬として活躍してきました。
 ベルギーに本拠地を持つFCIでは「ブラークドーヴェルニュ」(Braque d'Auvergne)と言う名で登録されていますが、英語圏ではこれを直訳した「オーベルニュポインター」という呼び名で定着しています。

オーベルニュポインターの性格・特徴

 オーベルニュポインターの性格は穏やかで愛情深いことが知られています。頭がよくしつけにもよく反応します。
 被毛は短くて光沢があり手触りは滑らかです。白地に黒の斑点が基本で、斑点がまばらなものは「フレックド」、密集して全体的に灰色がかって見えるものは「グレイング」などとも呼ばれます。頭部は黒で、中央にホワイトのラインが入るのが望ましいとされます。

オーベルニュポインターのお手入れ・注意点

 オーベルニュポインターには、毎日最低でも1時間以上の運動をさせてあげる必要があります。被毛の手入れは、汚れた時に濡れタオルで拭いてあげる程度で充分でしょう。

オーベルニュポインターの動画

 以下でご紹介するのはオーベルニュポインターの動画です。
 第二次世界大戦後は個体数が激減して絶滅の危機に陥りましたが、Andre De Tournayという人物が20匹程度の犬を確保することで、なんとか血統を維持しました。
元動画は⇒こちら
オーベルニュポインタートップへ