トップ犬の種類あ行に属する犬の種類オーストラリアンテリア

オーストラリアンテリア

 オーストラリアンテリアの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

オーストラリアンテリアの基本情報

オーストラリアンテリア
  • 体高
    オス⇒ 23~25cm
    メス⇒ 23~25cm
  • 体重
    オス⇒ 5.5~6.5kg
    メス⇒ 5.5~6.5kg
  • 分類
    テリアグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

オーストラリアンテリアの歴史・ルーツ

タスマン島の位置  オーストラリアン・テリアの祖先は、、オーストラリア南東に位置するタスマニア島(右図)に暮らしていたラフコーテッド・テリアに、多種類のヨーロッパの犬種がブレンドされて作られたと考えられています。ヨーロッパ犬としては、スカイテリアダンディディンモントテリアスコティッシュテリアヨークシャーテリアマンチェスターテリアなどが挙げられます。
 オーストラリア大陸で初めて作出、公認された犬で、同じくオーストラリア原産のシルキーテリアとは、一部血統を共有しているようです。1906年、オーストラリア国内のショーに初登場し、その後、イギリスでショーに出たり、ペットとして飼われるようになると、たちまちアメリカでも名が知られるようになりました。イギリスでは1933年、アメリカでは1960年に公認されています。

オーストラリアンテリアの性格・特徴

 オーストラリアン・テリアの性格は、勇敢で自信家、活発、飼い主に対しては愛情深い一面を持っています。発祥地であるタスマニア島では、家畜を荒らす小動物の駆除に用いられていたため、必然的に強い狩猟本能をもっています。特に穴の中にもぐるのが好きなようです。
 身体は、硬い被毛をもち、小型でたくましく、足が速いのが特徴です。 被毛に関してはブルー・アンド・タンのカラーが最も有名でしたが、レッドやサンディーカラーも、この犬種の代表として増えてきています。

オーストラリアンテリアのお手入れ・注意点

 オーストラリアン・テリアは非常に活発な犬種なので、毎日十分な量の散歩や運動をさせる必要があります。被毛は針金のように硬く、週に1回程度コーミングと、年に2回程度のむだ毛の手入れが必要です。

オーストラリアンテリアの動画

 以下でご紹介するのはオーストラリアンテリアの動画です。
 1896年、メルボルンで最初のスタンダードが記され、1933年、イギリスのケンネルクラブで認定されています。その後20世紀前半にはアメリカに輸入され、1960年にはアメリカでも公認されました。
元動画は⇒こちら
オーストラリアンテリアトップへ