トップ犬の種類あ行に属する犬の種類アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャー

 アーフェンピンシャーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

アーフェンピンシャーの基本情報

アーフェンピンシャー
  • 体高
    オス⇒ 23~29cm
    メス⇒ 23~29cm
  • 体重
    オス⇒ 3~4kg
    メス⇒ 3~4kg
  • 分類
    トイグループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

アーフェンピンシャーの歴史・ルーツ

 アーフェン・ピンシャーの発祥の地はドイツのミュンヘンあたりとされていますが定かではありません。1915年あたりに撮影されたアーフェンピンシャーの写真ただ、アーフェン・ピンシャーによく似た犬が、17世紀頃に描かれた絵画の中にすでに見られることから、少なくとも数百年の歴史があるものと推定されます。元犬としてはパグやジャーマン・ピンシャー、ジャーマン・シルキー・ピンシャーが有力視されています。またベルギーのブリュッセルグリフォンと血縁関係があると考える人もいますが、詳細は不明です。
 アーフェンピンシャーは元々、キツネやウサギなど屋外にいる小害獣の駆除を仕事としていました。その後、愛嬌のある容姿を生かして家庭内に入り込み、ペット、およびネズミ駆除係としての地位を築き、今日に至ります。
 アーフェン・ピンシャーの犬名は、ドイツ語で「猿」を意味する「アーフェン」と、テリアを意味する「ピンシャー」から名づけられています。これは特異な顔貌を猿に見立てたもので、フランスでは同様に「ヒゲの生えた悪魔」、英語圏では「モンキーテリア」とも呼ばれています。
 アーフェン・ピンシャーは、2013年度にニューヨークで開催された「Westminster Kennel Club Dog Show」において、この犬種としては初めて最優秀犬に選ばれました。当時5歳だったこの犬の名前は「Banana Joe V Tani Kazari」ですが、長いため単に「ジョー」と呼ばれているようです。

アーフェンピンシャーの性格・特徴

 アーフェン・ピンシャーの性格はきわめて陽気で飼い主に忠実、かつ愛情深く大胆な性格です。また、硬い毛質と豊かな飾り毛、眉の上の被毛、口吻の上下にある髭のような被毛、黒いアイラインと大きな目が特徴です。

アーフェンピンシャーのお手入れ・注意点

 アーフェンピンシャーは比較的短い散歩や室内での軽いゲームをするだけで運動量は充分でしょう。屋外で遊ぶことは大好きですが、基本的に屋外飼育は向いていません。粗い被毛には1週間に2~3回のコーミングと、3ヶ月に1回程度のトリミングが必要です。

アーフェンピンシャーの動画

 以下でご紹介するのはアーフェンピンシャーの動画です。
 アメリカで最初のブリーダーは、炭鉱相続で財を成し、災厄を招くことで有名なホープダイヤモンドの最後の所有者として名高いエヴァリン・ウォルシュ・マクリーン女史だと言われています。
 健康面では目、歯、甲状腺、関節などに病気を発症しやすく、体が小さくて怪我をしやすいという難点があります。また、やんちゃでしつけが難しいことからフランスでは「ひげを生やした悪魔」という異名を持つとか。犬初心者や小さいお子さんのいるおうちにはあまりお勧めできません。
元動画は⇒こちら
アーフェンピンシャートップへ