トップ犬のしつけ方室内で必要となるしつけ犬のボディコントロール

犬のボディコントロールのしつけ

 犬のボディコントロールとは、飼い主が犬の体を触ったり、体の一部を自由に動かしても犬が全く嫌がらない状態のことです。犬が人間によって容易にハンドル(handle=操る)されるという意味合いで「ハンドリング・エクササイズ」(handling exercise)とも呼ばれます。

犬のボディコントロールの必要性

 ボディコントロールとは体中のどこを触られても犬が反抗せずじっとしている状態のことです。ボディハンドリング(body handling)とも呼ばれます。このしつけは噛み付き事故を予防するためにきわめて重要です。
 頭をなでようと差し出した人の手をかんでしまったら大変!例えば健康診断のために犬を連れて動物病院に行ったとしましょう。獣医さんが聴診器で心臓の鼓動を確かめようと手を伸ばした瞬間、犬が噛み付いてしまうとちゃんとした診察や診断ができなくなってしまいます。あるいは散歩中、マナーを知らない女性が「かわいい~!」などと言って飼い主の許可を得ず勝手に犬に近づき、頭の上から手を差し出してなでようとした瞬間、怖がった犬が女性の手を噛んだら大変です。たとえ相手の一方的な行動だったとしても、飼い主の管理責任が問われてしまいます。あるいは犬の扱い方を知らない乳幼児がいたずらに犬のしっぽを引っ張り、驚いた犬がその乳幼児を噛んでしまうかもしれません。
 またボディコントロールは犬の健康を保つためにも絶対必要なしつけです。犬との暮らしの中では歯磨き、ブラッシング、散歩帰りの肉球掃除など、どうしても犬の体を触らなければいけない状況がたくさんあります。飼い主が体に触ろうとするたびに逃げ出していたら、犬の体を適切にメンテナンスできなくなり、健康が悪化してしまうでしょう。
 このようにボディコントロール(ハンドリング)のしつけは、犬の咬傷事故を予防し、犬と飼い主両方の生活や健康を守るために絶対必要なのです。それでは具体的にしつけの方法を見ていきましょう。
犬のボディコントロールトップへ

ボディコントロール・基本方針

 犬のボディコントロールに際して、飼い主はまず以下のことを念頭に置きます。
してほしい行動
ペットの体を触り、体の一部を動かしても全く抵抗しないこと
してほしくない行動
ペットの体を触り、体の一部を動かそうとすると嫌がること
 してほしい行動と快(ごほうび・強化刺激)、してほしくない行動と不快(おしおき・嫌悪刺激)を結びつけるのがしつけの基本であり、前者を強化、 後者を弱化と呼ぶことは犬のしつけの基本理論で述べました。これを踏まえてボディコントロールをしつける場合を考えて見ましょう。
強化
「ペットの体を触り、体の一部を動かしてもじっとしていた」瞬間に快を与える
弱化
「ペットの体を触り、体の一部を動かすと抵抗した」瞬間に不快を与える
 犬のボディコントロールのしつけに際しては正の強化を基本方針とします。
 これは「体を触った→抵抗した→犬を叩いて叱った」という形でしつけをしてしまうと、犬は「体を触られた→叩かれた!」と誤解してしまうからです。これでは逆に体を触ろうとしたら犬がどこかに逃げてしまいますね。
 ですから犬が誤解してしまうようなしつけではなく、体を触ったり動かしたりしてもじっとしていた瞬間におやつなどの快を与えるという正の強化でボディコントロールをしつけるのが基本方針となります。
望ましくない手法  力ずくで仰向けに寝かせて押さえつける「アルファロール」、および力ずくで横向きに寝かせる「ドミナンスダウン」は望ましくありません。人間で言うと、体重150キロのお相撲さんが上に覆いかぶさるようなものです。犬に大変な不快感を与え、時には反撃を誘発する危険性がありますので、現在では特殊な状況を除き、否定されているしつけ方です。たとえテレビ番組でこのようなしつけ方が紹介されていても真似してはいけません。
犬のボディコントロールトップへ

ボディコントロール・実践

 基本方針を理解したところで、いよいよ実践に入りましょう。まずはしつけに入る前に「犬のしつけの基本理論」で述べた大原則、「犬をじらせておくこと」「一つの刺激と快不快を混在させないこと」「ごほうびと罰のタイミングを間違えないこと」「しつけ方針に家族全員が一貫性を持たせること」を念頭においてください。まだマスターしていない方は以下のページを読んで「すべきこと」と「すべきでないこと」が何であるかを把握しておきます。 犬のしつけの基本

しつけの準備

 実際にボディコントロールのしつけに入る前に、以下のような準備を終わらせておきましょう。

集中できる環境を作る

 一つのことを覚えるには集中力が大切です。しつけの前には窓を閉じて外からの音を遮断し、テレビやラジオは消しましょう。気が散るようなおもちゃなどは全て片付け、犬の意識が否応なく飼い主の方に向くように無味乾燥な環境を作ってしまいます。
 また犬の集中力は10分~15分ほどです。集中力がなくなってきたらいさぎよくしつけを中断してその日の夜や翌日に改めて再開しましょう。飼い主がしつけを焦って犬の感情を無視して強引に行ってしまうと、しつけ自体が犬にとっての苦痛になってしまいます。

ごほうびを用意する

 犬をある特定の行動に対して積極的にさせるためには、何らかの快(強化刺激)を与える必要があります。以下は代表的な犬に対するごほうびです。
犬に対するごほうびいろいろ
  • おやつおやつをごほうびとして使う場合は犬がおいしいと感じるもの+カロリーの低いものを選ぶようにしましょう。与えるときは犬が満腹にならないよう、なるべく少量だけにします。
  • ほめる高い声で「よーし」や「いいこ」や「グッド」などの声をかけてあげます。言葉と同時に軽く一回なでてあげてもかまいません。ただしあまり激しく撫で回してしまうと犬が興奮しすぎて集中力がなくなってしまうため、軽くにとどめておきます。
  • おもちゃおもちゃを選ぶときは、あらかじめ犬に何種類かのおもちゃを与えておいて一番のお気に入りを確かめておきます。ただし一度与えると回収するのが困難になるため、しつけセッションの最後に与えるようにします。

犬の弱点部位を知る

 犬の体には弱点部位、すなわち触られたくない場所があります。具体的には下図の赤で示した部分が弱点ですが、他の犬と争いになったとき、噛み付かれて怪我をしやすい耳の先端、鼻先、足の先、しっぽ、雄であれば性器などへのタッチを本能的に嫌います。
犬は争ったときに攻撃を受けやすい先端部分へのタッチを本能的に嫌がります。
 基本的には触られても平気な部位から初めて徐々に赤い弱点部位のボディコントロールに移っていきます。理由は、いきなり苦手な場所から始めると、触られること自体が嫌になる危険性があるからです。 犬の皮膚・触覚

ハンドシャイをなおす

 ハンドシャイとは犬が人間の手を怖がってしまう状態のことです。人間との接触経験が少ない子犬や、人間の手で叩かれるなどの虐待を受けた犬においてよく見られます。犬にボディコントロールをマスターさせる際は、まず人間の手に対する恐怖心を完璧に克服していなければなりません。

止まっている人の手に慣らす

 まずは人間の手がもつ視覚的な情報に慣らしましょう。要するに止まっている人の手を見ても怖がらなくするということです。
 事前に床をきれいに掃除しておき、手のひらを上にして置きます。そして50cmほど離れた場所におやつを置いてみましょう。犬が近づいてきて食べてくれるはずです。食べ終わったら今度は40cm離れた地点に置いてみましょう。犬が食べてくれたら今度は30cm地点に置いてみます。食べてくれなかったらもう一度50cm地点に戻しましょう。このような作業を繰り返すことにより、犬は「人間の手は自分に害を及ぼすものではない」と学習していきます。 人間の手とごほうびをリンクし犬の恐怖心を減らす  おやつの置き場所が限りなく手に近づいたら、今度は手のひらの上におやつを置いてみましょう。このときむやみに動かさないようにします。犬が抵抗なく食べてくれたら成功です。少し戸惑っているようなら10~20cm離して置き、犬の警戒心が少なくなるまで待ちます。スムーズに食べてくれるようになったらもう一度手のひらの上に置いてみましょう。このような作業を繰り返すことにより、犬は「人間の手はおやつの合図である」と学習していきます。 人の手からおやつを与えることで「手=ごほうびの合図」という結びつきが形成される  犬がスムーズに手のひらから食べてくれるようになったら今度は手の甲を上にして同じプロセスを繰り返します。また逆の手、半袖の状態、長袖の状態、手袋をはめた状態でもやってみましょう。家族や知り合いがいる場合は、そういう人たちにも同じ動作を行ってもらいます。こうした作業を繰り返すことにより、犬が人間の手を見て怖がるということがなくなっていきます。

ゆっくり動く手に慣らす

 止まった状態の人間の手に慣れたら、今度はゆっくりと動いている状態の手に慣らしていきましょう。
 指先でおやつをつまみ犬の鼻の高さにキープしたままできるだけゆっくりと鼻先に近づけ、おやつの匂いを嗅がせてあげます。犬がクンクンと匂いを嗅いで自発的に食べてくれたら成功です。同じ要領で今度はさっきよりも早めに手を近づけてみましょう。犬が怖がって後ずさりようなら早すぎです。もう一度動きをスローモーションに戻し、犬が警戒しないスピードを見極めます。また上から迫り来る手は犬にとって脅威ですので、必ず鼻よりも下になるように手の高さを調整して下さい。犬がスムーズに食べてくれるようになったら徐々にスピードを早めていきましょう。こうすることによって犬は「自分に近づいて来る人間の手は怖くない」と学習していきます。 止まっている手は大丈夫でも動いている手を怖がる犬がいる  接近モーションに慣れたら、今度はおやつを持った手を犬の鼻先でゆっくりと横にスライドさせてみます。犬が自発的に鼻を近づけてきたら成功です。そのままおやつを与えましょう。次は逆方向にスライドさせてみます。犬が警戒しているようだったら、移動速度を少し緩めてみます。こうした作業を繰り返すことにより、犬は「自分の目の前を横切る人間の手は怖くない」と学習していきます。
 犬が慣れてきたら逆の手、半袖の状態、長袖の状態、手袋をはめた状態でもやってみましょう。家族や知り合いがいる場合は、そういう人たちにも同じ動作を行ってもらいます。こうした作業を繰り返すことにより、犬が目の前で動く人間の手を見て怖がるということがなくなっていきます。

素早く動く手に慣らす

 犬がゆっくりと動く人間の手に慣れたら、今度は素早く動く手に慣らしていきます。
 おやつを指先に持ち、犬の鼻先に近づけます。犬の注意を惹き付けた状態で、おやつを持った方の腕をゆっくり時計回りに回してみましょう。犬が逃げずにその場にいたらおやつを与えます。警戒して後ずさりするようならもう少しゆっくり回すようにします。時計回りが終わったら、反時計回りで腕を回してみます。犬がじっとしていたらそのたびごとにおやつを与えましょう。 あらゆる手の動きにならせておかないと咬傷事故が起こる危険性がある  今度はおやつを持ったまま、犬の頭上で円を描くようにゆっくり動かしてみましょう。最初は犬の口が届かないような高さで行うようにします。犬がその場でじっとしていたり噛み付こうとしなければおやつを与えます。うなったり噛み付こうとする場合は自分の死角にある手に慣れていない証拠です。もう少し動きをゆっくりにして犬が警戒心を抱かないスピードで行います。犬が攻撃的にならなかったらおやつを与えましょう。
 犬が自分の周囲を動き回る人間の手に慣れてきたら、徐々にスピードを早めてみましょう。いきなり高速で手を動かすと犬がびっくりしますので、少しずつスピードを早めるように注意します。この作業を繰り返すことにより、犬は「自分の視界の中で動く人間の手はおやつの合図である」と学習していきます。

ボディコントロールの手順

 人間の手に対する恐怖心や抵抗感がすっかりなくなったら、いよいよボディコントロールのしつけを開始します。すべてに共通しているのは「人の手で触られる」という刺激と快(強化刺激)をリンクする古典的条件付け、および「抵抗せずじっとしている」という行動と快とをリンクするオペラント条件付けです。全てのステップで触る→じっとしている→ごほうびという手順を流れるように行ってください。
ボディコントロールの手順

犬の嫌がらない場所を触る

 犬が嫌がらない背中や頭などを軽く1回なでます。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。犬の頭の中では「触られる=いいことがある」という強化がなされます。 Familiarizing Your Puppy to Touch _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube 犬の嫌がらない場所を触った直後にごほうびを与えること  次に2回なでてみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。同様に3回→4回・・・となでる回数を増やしていきます。背中、頭、脇腹(わきばら)など犬が嫌がらない部位に関してまんべんなく触っていきましょう。

犬の耳を触る

 次に犬が嫌がる耳先を軽く1回触ります。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。次に2回触ってみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。同様に3回→4回・・・と触る回数を増やしていきます。 Familiarizing Your Puppy to Touch _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube 犬の耳を触った直後にごほうびを与えること  このトレーニングによって「耳を触られるのは何だか嫌だなぁ…でもおいしいものくれるからまあいいや!」という考え方が強化されます。
 耳掃除をするときや動物病院で耳の中をチェックするときには必ず犬の耳を触る必要性がありますので、耳の先端に触られることへの抵抗を、あらかじめなくしておくことが重要なのです。

犬の足を触る

 次に犬の前足をつかんでみます。前足をつかむ(かむ)という行為は、犬社会においては上位のものが下位のものに対して行う行為であり、支配=従属関係を示します。触られることを嫌う犬もいますので、3段階に分けてゆっくりとアプローチすることにします。 Paw Touch/mikadogluva/YouTube 犬の足を触ったり持ち上げた直後にごほうびを与えること  まずは犬の足に軽く触れるところからスタートしましょう。犬の前足を触り、じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。同様に3回→4回・・・と触る回数を増やしていきます。前足が終わったら同様に後ろ足も触ってみましょう。
 犬が触られることに慣れてきたら、今度は軽くつかんでみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。3回→4回・・・と触る回数を増やしていき、じっとしてるたびにごほうびをあげます。もし嫌がるような場合は、もう一度触る所からリスタートです。前足が終わったら同様に後ろ足も触ってみましょう。
 犬が足をつかまれることに慣れてきたら、今度は足を持ったまま持ち上げてみましょう。ちょうど「お手」をする時のような姿勢です。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。3回→4回・・・と持ち上げる回数を増やしていき、じっとしてるたびにごほうびをあげます。前足が終わったら同様に後ろ足も触ってみましょう。
 足をつかんで持ち上げるという行為は犬の爪切りをするときや散歩から帰って肉球をきれいにするとき絶対必要になります。足を触られることや握られることに対する抵抗をあらかじめ徹底的に取り除いておきましょう。

犬の鼻先を触る

 犬の鼻先(マズル)を飼い主が自由に触ったり動かしたりすることをマズルコントロールといいます。まずは下あごに手を添えるように触ってみましょう。上からつかむと呼吸できなくなりますので下からつかむようにします。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。3回→4回・・・と触る回数を増やしていき、じっとしてるたびにごほうびをあげます。 PuppyBodyHandlingPart1/YouTube 犬の下顎を触った直後にごほうびを与えること  犬が下あごに触られることに慣れてきたら、今度は上あごを軽く触ってみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。そして上唇をめくりあげて歯茎を触ってみます。嫌がるようならもう一度軽く触るところに戻って下さい。嫌がらず、じっとしていたら 「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。3回→4回・・・と触る回数を増やしていき、じっとしてるたびにごほうびをあげます。 Familiarizing Your Puppy to Touch _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube 犬の上あごを触った直後にごほうびを与えること  あご全体に対する抵抗感が無くなったら、今度はマズルをつかんだまま上下左右にゆっくりと鼻先を回してみます。じっとしていたらその度に「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。これが、マズルコントロールです。 マズルコントロールは犬の歯磨き、薬を飲ませるときなどに必要となります。 犬の鼻先(マズル)をつかんだまま動かすのがマズルコントロール

犬の腰を触る

 犬の腰の辺りに軽く手をおきます。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。次に2回手を置いてみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。同様に3回→4回・・・と触る回数を増やしていきます。 Familiarizing Your Puppy to Touch _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube 犬の腰を触ったり押さえつけるのはマウンティングの疑似行為  犬社会においては一方の犬が他方の犬の腰に乗ること、すなわち「マウンティング」することは上位のものが下位のものに対して行う行為であり、支配=従属関係を示します。手で腰を押さえつけるという行為には、この「マウンティング」を人間の手で疑似的に再現するという意味合いがあります。

犬のしっぽ(尾)を触る

 犬のしっぽ(尾)を軽く触ります。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。次に2回触ってみます。じっとしていたら同様に「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えましょう。この要領で3回→4回・・・と触る回数を増やしていきます。 Familiarizing Your Puppy to Touch _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube しっぽは怪我をしやすいデリケートな場所なのでタッチを嫌がる犬も多い  尾は犬が非常に嫌がるデリケートな部分ですが、シャンプーをするときなどは必ず触る必要がありますので早いうちに慣らしておきましょう。また乳幼児が面白半分で犬のしっぽを引っ張るなどという突発的な出来事もあるでしょうから、飼い主が望まない事故の予防にもなります。

横になっている犬を触る

 犬が横になっている時を見計らってゆっくりと近づきましょう。この時、犬をびっくりさせないよう飼い主の存在に気づいていることを必ず確認するようにします。いきなり背後に現れると反射的に攻撃的になってしまうかもしれません。 PuppyBodyHandlingPart1/YouTube 横になっている犬に近づくときは驚かさないように  犬に近づいたらゆっくりと脇腹あたりを触ってみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。犬が抵抗を示さないようなら3回→4回・・・と触る回数を増やしていき、そのつどごほうびを与えます。
 「横に寝そべる」という行為は、下位のものが上位のものに見せる服従姿勢もしくは謝罪の姿勢です。あるいはそういったランキングとは全く関係なく、ただ単に「遊び」や「おねだり」といった意味もあります。いずれにしてもあらかじめこの姿勢に慣らしておくと、動物病院などで診察するときなどもスムーズにいくでしょう。

仰向けの犬を触る

 横向きに寝ている犬の脇腹を触っていると、自発的に仰向けになりお腹を見せてくれることがあります。このタイミングを見計らい、触る場所を脇腹からお腹に移してみましょう。じっとしていたら「いいこ」などのほめ言葉と同時にごほうびを与えます。犬が抵抗を示さないようなら3回→4回・・・と触る回数を増やしていき、その度ごとにごほうびを与えます。 Massaging Your Dog _ Teacher's Pet With Victoria Stilwell/YouTube 犬を力づくで仰向けにしようとすると信頼関係が壊れる  骨格で覆われておらず、攻撃されると大怪我を負ってしまう腹部をさらすと言うことは、相手を仲間とみなし信頼を置いているという証拠です。犬が自発的にこの姿勢をとってくれるということは飼い主との間にかなり絆が生まれていると考えてよいでしょう。
 やってはいけないのは、嫌がる犬を力ずくで倒し、この姿勢をとらせることです。「アルファロール」とも呼ばれるこうした行為は、犬と飼い主の間の信頼関係を壊し、時として攻撃行動を誘発する危険なものです。今まで積み重ねてきたしつけの意味が台無しになりますので、絶対にやってはいけません。

触る強さや時間を変えてみる

 体中どこを触られても犬が抵抗を示さなくなったら、少しずつタッチの程度を高めていきましょう。今までよりも少し強めの力で触るようにし、触る時間も少しずつ伸ばしていきます。例えば「なでる」→「軽くポンポンと叩く」という強度に上げてみるなどです。ただし「ビシッ!!」と音がするような強さで叩いてはいけません。
 公園に散歩に行ったら子供が寄ってきて犬の頭をポンポンと叩くかもしれません。触られることに慣れていればそんなときでも衝動的に噛み付くという危険性を低く抑えることができますよね。

おやつの回数を減らす

 常にごほうびを与えていると犬がごほうび自体に飽きてしまったり、肥満の原因になりかねません。そこでボディコントロールが一通りできるようになったら常にごほうびを与えるというスタイルから、2回に1回→3回に1回→4回に1回・・・という風に徐々に減らしていきましょう。最終的には「いいこ」というほめ言葉だけにします。
 犬が触られることにすっかりなれたら、病気のチェックをかねて犬のマッサージにも挑戦してみましょう。 犬のマッサージ
犬のボディコントロールトップへ