トップ犬の健康と病気犬の感覚器の病気犬の皮膚の病気ノミ皮膚炎

犬のノミ皮膚炎

 犬のノミ皮膚炎について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬のノミ皮膚炎の病態と症状

 犬のノミ皮膚炎とは、ノミの唾液によって患部が赤くなったりかゆくなったりする状態を言います。
ノミ皮膚炎の原因となるネコノミ(Ctenocephalides felis)  皮膚上にノミがいるかどうかは、「1~2ミリ程度の褐色の虫を視認できること」、「濡れたティッシュなどで被毛をふき取ると、じわっと赤いしみが広がるような糞(フリーダート)が被毛中に確認できること」、「0.5ミリほどの米粒を小さくしたような卵が視認できること」などで判定します。しかし、犬が自分自身で患部を掻いたり舐めたりするため、症状があるにもかかわらず、ノミの本体を見つけることができないこともしばしばです。
 ノミ皮膚炎を引き起こしているものは、主として体内の免疫系によるアレルギー反応です。「アレルギー」とは、免疫反応が激しすぎて、本来守るべき生体に害を及ぼしてしまう状態のことで、アレルギーを引き起こす原因物質は「アレルゲン」(抗原)と呼ばれます。ノミ皮膚炎におけるアレルゲンは、ノミの唾液(Cte f1)と糞です。これらの物質中には、アレルゲンの卵とでも言うべき低分子「ハプテン」のほか、血管を拡張する「ヒスタミン」に似た物質が含まれており、侵入した場所に痛みやかゆみを引き起こします。
 ノミ皮膚炎の主な症状は以下です。アレルゲンとの接触から15~30分程度で現れる「I型アレルギー」と、アレルゲンとの接触から数時間以上かけて緩やかに現れる「IV型アレルギー」の両方が関わっているため、ノミに噛まれてから症状が出るまでの時間には個体差があります。好発部位はお尻からしっぽの付け根にかけての部分です。
ノミ皮膚炎の主症状
犬のノミ皮膚炎
  • 小さな発疹
  • 局所的な脱毛
  • かゆみ
  • 貧血(重症)
犬のノミ皮膚炎トップへ

犬のノミ皮膚炎の原因

 犬に寄生するノミとして代表的なのは「ネコノミ」(Ctenocephalides felis)です。このノミは体長が1~2ミリで平べったく、赤褐色をしています。「ネコノミ」という名前がついていますが猫だけに取りつくわけではなく、犬やその他の動物にも寄生し、また人間の膝から下の部分に噛み付いたりすることもあります。ネコノミの一般的なライフサイクルは以下です。
ネコノミのライフサイクル
ネコノミのライフサイクル:卵~幼虫~さなぎ~成虫
  •  環境中における割合は約50%で、生息期間は2日~2週間。砂粒よりも小さく白い。動物が動くと地面に落ちて広がる。湿度と温度が適切になった時を見計らって生まれる。
  • 幼虫 環境中における割合は約35%で、生息期間は5~20日。光を嫌う性質があるため、被毛やじゅうたんの奥の方に入り込む。成虫の排出した糞(フリーダート)に含まれる血液成分を栄養とする。
  • さなぎ 環境中における割合は約10%で、生息期間は数日~数週間。ただし条件が合わなければ数か月~数年眠り続けることもある。表面がべたべたしているので被毛やじゅうたんについて落ちないようになっている。また化学物質からも守られている。動物の温度や振動、二酸化炭素濃度を感知して孵化する。
  • 成虫 環境中における割合は約5%。生まれて数時間するとすぐに血液を吸い始め、数日で産卵する。卵の数は1日40個に及ぶこともある。最も好む環境は、湿度70%、気温21~30程度。
 このネコノミは、宿主となる動物の血を吸うだけではなく、病原菌を媒介することでも有名です。代表的なものはバルトネラ(猫ひっかき病)、発疹熱、瓜実条虫、ライム病ボレリアなどです。 Understanding the Flea Life Cycle
犬のノミ皮膚炎トップへ

犬のノミ皮膚炎の治療

 犬のノミ皮膚炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
ノミ皮膚炎の主な治療法
  • 対症療法  まずは症状の軽減を目的とした治療が施されます。アレルギー反応を軽減する抗アレルギー薬や、かゆみを抑える抗掻痒薬(こうそうようやく)などが投与されます。
  • ノミの駆除  ノミを殺す各種の薬剤が投与されます。錠剤タイプもありますが、簡便さから近年は滴下式(スポットタイプ)の薬が多用されます。犬用の薬剤として「ペルメトリン」と呼ばれる成分を含んだ製品がありますが、このペルメトリンを猫に使用してはいけません。この成分は犬に対しては毒性を発揮しないものの、誤って猫に用いてしまうと最悪のケースでは死んでしまいます。
  • 生活環境からノミを駆除する  「ネコノミのライフサイクル」で解説した通り、環境中における成虫の割合は、わずか5%程度にすぎません。ですから成虫を殺すだけではダメで、卵、幼虫、さなぎといった他の様態にあるノミもまた、環境中から一掃する必要があります。そのため、「掃除機をまめに掛ける」、「掃除機のごみパックをすぐに交換する」、「シーツや布製品をこまめに洗濯する」といった日々の努力が必要となります。
 ノミ駆除薬の有効成分には非常に多くの種類がありますが、それらを投与する方法は、薬剤を体表に垂らす「滴下式」と、薬剤を口から投与する「経口式」に大別されます。2016年に行われた実験的な調査では、どちらの方法でも投与後24時間で犬に寄生していたノミの駆除に成功しています(獣医畜産新報, 2016, P262)。しかしより細かく見ていくと、両者の間には若干の違いがあるようです。
滴下投与剤
  • 特徴 体の表面に薬剤をたらすタイプのノミ駆除薬です。犬の体に取り付いたノミは体表面に付着した有毒成分と接触することで死滅します。
  • メリットノミが吸血を行う前に駆除できる可能性が高い | 血液の喪失や吸血部位の皮膚炎が無い | ノミの体液が注入されないため、アレルギーを発症しない | ノミに刺されないため病原体が媒介されない
  • デメリット効き目が現れるまでに時間がかかる | 体の部位によって効果にばらつきがある | シャンプーによって効果が減少する
経口投与剤
  • 特徴 口に入れて飲み込ませるタイプのノミ駆除薬です。犬の体に取り付いたノミは吸い取った血液に含まれる有毒成分によって死滅します。
  • メリット早く効く | 体の部位にかかわらず、安定した効果を示す | シャンプーしても効果が減らない
  • デメリット血液の喪失や吸血による皮膚炎 | ノミの体液によるアレルギー反応 | 病原体が媒介される可能性
 仮にノミ駆除薬で体についた成虫を駆除したとしても、卵やさなぎといったノミの温床を環境中から完全に除去するのは容易ではありません。もし一気に解決してくれる方法があれば、すぐにでも飛びつきたくなるでしょう。しかし安全性の観点から、いくら魅力的に見えても控えたほうがよい解決策がいくつかあります。具体的には以下です。
避けたい方法
  • ノミ取り首輪 殺ノミ成分を含有した首輪がありますが、犬が首輪に対して炎症を起こしたり、また首輪のかけらを誤飲してしまう危険性があります。
  • エアロゾルスプレー 効果が希薄で、また噴霧するときの音を犬が怖がってしまいます。
  • 殺ノミスプレー 空気中に噴霧した成分が水槽に入らないように注意が必要です。また壁や家具についた成分を、犬が口に入れないよう十分注意する必要がありますので、あまりお勧めできません。
  • 発煙式殺ノミ製品 発煙を行った部屋の表面についた成分を、犬が舐めてしまう可能性を否定できません。使用する場合は、犬が近づかない狭い空間に限定した方がよいでしょう。
  • ノミよけ製品 ハーブやユーカリオイルといった、ノミを寄せ付けない効果を謳(うた)った製品は、医薬品ほどの効果をもっていません。また独特の匂いを犬が嫌う可能性もあります。なお高濃度のティーツリーオイルは、皮膚に塗ったり飲ませたりすると中毒症状を引き起こしますので使用は厳禁です。
犬のノミ皮膚炎トップへ