トップ犬の健康と病気犬の感覚器の病気犬の皮膚の病気ツメダニ皮膚炎

犬のツメダニ皮膚炎

 犬のツメダニ皮膚炎について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬のツメダニ皮膚炎の病態と症状

 犬のツメダニ皮膚炎とは、ダニの一種であるツメダニ(Cheyletiella)によって引き起こされる皮膚病のことです。 ツメダニ皮膚炎を引き起こすツメダニの顕微鏡写真  皮膚症状を引き起こすツメダニとしては、主に犬に寄生する「イヌツメダニ」(C.yasguri)、主に猫に寄生する「ネコツメダニ」(C.blakei)、主にウサギに寄生する「ウサギツメダニ」(C.parasitovorax)の3種が有名で、体の前方についた鋭い鉤爪(フック)を最大の特徴としています。この鉤爪で宿主の皮膚に取りつき、傷をつけて体液やリンパ液を摂取しながら生きていきます。皮膚に穴をあけて掘り進めるヒゼンダニ(疥癬)と大きく異なるのはこの点でしょう。
 大きさはメスが0.6mm、オスが0.4mm程度とやや大きめで、虫眼鏡さえあれば視認することができます。ツメダニが時に「歩くフケ」と呼ばれている理由は、紙の上にダニを乗せたとき、動いている様子を肉眼でとらえることができるためです。
 宿主の皮膚の上で出会ったツメダニのオスとメスは、そこで交尾をして産卵します。生まれた卵はまるで蚕のように糸で被毛に付着し、3~4週間かけて3回脱皮しながら、成虫へと育っていきます。これがツメダニの基本的なライフサイクルです。
 ツメダニに感染したときの主な症状は以下です。人にも動物にも感染する人獣共通感染症の一種ですが、人間にとって幸いなことに、ツメダニは人の皮膚の上では繁殖できません。ですから一過性の症状を引き起こしたのち、自然消滅していきます。ただし犬や犬では継続して症状を引き起こしますので、早期の治療が必要です。
ツメダニ皮膚炎の主症状
ツメダニ皮膚炎を起こした犬の皮膚とフケ
  • フケ
  • ただれ
  • かさぶた(痂皮, かひ)
  • かゆみ
 ツメダニ皮膚炎の最大の特徴は大量のフケです。多くの場合、両側対称性で、背中に多いとされます。その他の好発部位としては耳の後ろ、しっぽの付け根、股間、おなかなどが挙げられます。
犬のツメダニ皮膚炎トップへ

犬のツメダニ皮膚炎の原因

 犬のツメダニ皮膚炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
ツメダニ皮膚炎の主な原因
  • ツメダニの寄生  ツメダニに感染した他の犬との接触によって感染します。特に1歳に満たない若齢の動物にかかりやすいとされます。
 主に犬に寄生するものは「イヌツメダニ」、主に猫に寄生するものは「ネコツメダニ」、主にウサギに寄生するものは「ウサギツメダニ」と呼ばれますが、これら3種の宿主特異性はそれほど強くないと考えられています。つまり寄生する動物が変わったとしても、通常のライフサイクルを送って繁殖し、子孫を残すことができるという意味です。ですから、犬と猫が同居している家庭において、どちらか一方にツメダニ症が発症したときは、もう一方の動物にも感染する危険性は大いにあります。
犬のツメダニ皮膚炎トップへ

犬のツメダニ皮膚炎の治療

 犬のツメダニ皮膚炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
ツメダニ皮膚炎の主な治療法
  • 殺ダニ治療  ダニを殺すような各種の治療が行われます。具体的には、硫黄・サリチル酸配合のシャンプー、フィプロニルのスポットオンやスプレー、セラメクチンを含んだスポットオン(レボリューション®)、アミトラズ、イベルメクチンの投与などです。副作用が強い薬もあるため、事前に獣医師から十分な説明を受けるようにします。
  • 生活環境の改善  ツメダニは宿主がいなくても10日間ほど生存することができます。部屋の中をこまめに掃除したり殺虫剤を噴霧するなどして、ダニが繁殖しにくい住空間を作ることも重要です。
犬のツメダニ皮膚炎トップへ