トップ犬の健康と病気犬の感覚器の病気犬の目の病気白内障

犬の白内障

 犬の白内障(はくないしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の白内障の病態と症状

 犬の白内障とは、眼球内にある水晶体と呼ばれる組織が白くにごってしまった状態のことです。 正常な犬の眼球と白内障にかかった犬の眼球  白内障とよく似た外観を呈する病気として「核硬化症」(かくこうかしょう)があります。これは加齢に伴って発生する水晶体の硬化と白濁であり、通常は視覚障害を伴いません。初期の白内障と鑑別する際は「徹照法」(てっしょうほう)と呼ばれる方法が用いられます。これは瞳孔の中に光を照射し、眼球の奥にあるタペタム層からの反射光を観察するというものです。白内障では水晶体の濁りによって途中で光が遮られ、灰~黒の点が現れますが、核硬化症の場合はこうした不連続な部位が現れません。
 犬の白内障の症状としては以下のようなものが挙げられます。なお「未熟」、「成熟」、「過熱」とは白内障の病期のことです。
白内障の主症状
犬の白内障のステージ~未熟・成熟・過熱
  • 未熟白内障 水晶体の一部が白濁している状態。
  • 成熟白内障 水晶体全体が完全に白濁した状態。
  • 加熱白内障 水晶体の白濁が進行し、融解が起こった状態。眼球の中に融けた残存物を見ることができる。
犬の白内障トップへ

犬の白内障の原因

 犬の白内障の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
白内障の主な原因
犬の白内障トップへ

犬の白内障の治療

 犬の白内障の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
白内障の主な治療法
  • 対症療法  疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。
  • 外科手術  水晶体が融解して「過熱白内障」に進行し、ブドウ膜炎網膜剥離を引き起こす危険性がある場合は外科手術が行われます。方法は、高周波の振動で水晶体を破壊して吸い取ってしまう「水晶体乳化吸引術」や、水晶体を外科的に取り除く摘出術などです。水晶体があった場所には人工の眼内レンズが装着されることもあります。
犬の白内障トップへ