トップ犬の種類か行に属する犬の種類ゴールデンレトリバー

ゴールデンレトリバー

 ゴールデンレトリバーの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。

ゴールデンレトリバーの基本情報

ゴールデンレトリバー
  • 体高
    オス⇒ 56~61cm
    メス⇒ 51~56cm
  • 体重
    オス⇒ 29~34kg
    メス⇒ 25~30kg
  • 分類
    スポーティンググループ

ゴールデンレトリバーの歴史・ルーツ

スコットランドのトゥイードマス卿  ゴールデンレトリバーの起源は定かではありません。19世紀中頃、ロシアのサーカス団がイングランドで公演した際、たまたま居合わせたスコットランドの貴族が、サーカス団の持っていた犬を買い求め、これとセッターとを掛け合わせて作出したのが始まりだといわれてきました。しかし近年では、スコットランドのトゥイードマス卿(写真右)が19世紀の後半、黄色のレトリーバー(Nous)と、今は絶滅したトゥイード・ウォーター・スパニエル(Bell)を掛け合わせて作出したという説が有力になっています。基礎犬としてはその他にも、アイリッシュセッターブラッドハウンドが用いられたようです。
 近年ではその訓練性能の優秀さから、警察犬や警護犬、麻薬捜査犬、介助犬、盲導犬など様々な分野で活躍しています。
 ゴールデンレトリバーの犬名は、被毛の色と「回収する」を意味する英語の「retrieve」から付けられています。

ゴールデンレトリバーの性格・特徴

 ゴールデンレトリバーの性格は極めて温和で従順です。他の動物や子供とも友好的に接することができるので理想的な家庭犬といえます。
シザーズバイト  身体は大きな野鳥を回収するためのあごが重要視され、犬種標準においてシザーズバイト(右図)と完全な歯列が要求されています。またゴールデンレトリバーには「ブリティッシュタイプ」と呼ばれているものと「アメリカンタイプ」と呼ばれているものがあります。前者は骨量豊かでややずんぐりしたマスティフに近い体型で、後者は比較的スマートでセッターに近い体型という点が特徴です。また全般的に股関節形成不全症を発症しやすいことが知られています。

ゴールデンレトリバーのお手入れ・注意点

 ゴールデンレトリバーには毎日の運動や散歩が必要です。長めの散歩や頭を刺激するような運動を取り入れてあげると喜ぶでしょう。一年中自然換毛する犬種ですのでブラッシングは毎日してあげるようにします。

ゴールデンレトリバーの動画

 以下でご紹介するのはゴールデンレトリバーの動画です。
 1860年代、イギリス・スコットランド北部ハイランド地方にあるネス湖の近くに居を構えていたトゥイードマス卿が、湖に落ちた獲物を回収するための猟犬としてこの犬種を作出したという説が有力なようです。1925年、AKC公認されてから瞬く間に人気を高めました。あまり鳴かず忠誠心が高いことからアメリカ国内ではラブラドールレトリバーとあわせ、登録頭数は常に上位に食い込む人気犬種です。
 生卵を割らずに2~3個ほおばることができるという不思議な特技は「ソフトマウス」(柔らかい口)と呼ばれます。しかし適切なしつけをしないと噛み癖が出ることがあり、現にアメリカでは人間の足に対する咬傷事故において、ジャーマンシェパードチャウチャウに続く第三位だとか。
 子犬の頃はやや毛色が薄めですが、耳の被毛を見ると、成犬になったときの体毛をおおよそ予測できます。健康面では股関節形成不全症やガンの一種であるリンパ肉腫をやや発症しやすいため、親が病気を持っていないかどうかの確認が不可欠となります。
元動画は⇒こちら
ゴールデンレトリバートップへ