トップ犬の種類や・ら・わ行に属する犬の種類ローシェン

ローシェン

 ローシェンの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などを写真や動画とともに詳しく解説します。

ローシェンの基本情報

ローシェン
  • 体高
    オス⇒ 30~36cm
    メス⇒ 30~36cm
  • 体重
    オス⇒ 3.6~8.2kg
    メス⇒ 3.6~8.2kg
  • 分類
    ノンスポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ローシェンの歴史・ルーツ

 ローシェンはドイツ語で「小さなライオン」(Lowchen)を意味する小型犬種で、臀部、前後の足、しっぽの根元の被毛をそる「ライオンカット」を特徴としています。なお英語圏では「ラウチェン」と発音されます。
1795年のゴヤの絵画「The Duchess of Alba」  明確な起源は不明で、チベットからもたらされた犬が、ヨーロッパにいたスピッツタイプやテリアタイプの犬と交雑したとする説や、地中海のビションフリーゼマルチーズなどと血縁関係にあるという説などがあります。いずれにしてもこの犬の歴史は古く、15~16世紀ごろの絵画や文献に、ローシェンに似た犬が頻繁に登場していることから、ルネサンス以前のヨーロッパにおいて絶大な人気を誇っていたと考えられます。
 二つの大戦後は絶滅の危機に瀕し、1960年のギネスレコードでは「世界で最も希少な犬」として登録されたほどです。しかし1945年からベルギーのMadame M. Bennert、および彼女の遺志を継いだドイツのHans Rickert獣医師などの尽力により血統が維持され、徐々に個体数が回復していきました。
 1971年、初めてアメリカへと渡ってすぐに犬種協会が設立され、1999年、ノンスポーティンググループとしてAKCに公認されています。

ローシェンの性格・特徴

 ローシェンの性格は人懐こくて陽気、活発で遊び好きです。攻撃性を示すことはほとんど無いため番犬としては向いておらず、屋外につなぎっぱなしの環境は望ましくありません。
 ローシェンは全ての色とパターンが許容されています。手付かずの被毛は長くてほどほどにやわらかく、ややウェーブがかかっています。ローシェンの代名詞ともいえる「ライオンカット」は、臀部、前後の足、しっぽの根元の被毛をそり、見た目をライオンに近づけるものですが、この慣習の起源は「力と権力の象徴であるライオンを模した」とする説や、「中世ヨーロッパの女性が寒い夜に眠る際、地肌に直接接したほうが気持ちよかった」とする説などがあります。

ローシェンのお手入れ・注意点

 ローシェンのお手入れは週に1回程度のブラッシングで十分でしょう。毎日の短めの散歩と、週に2回程度、思いっきり走らせるなどの気晴らしを取り入れると理想的です。

ローシェンの動画

 以下でご紹介するのはローシェンの動画です。
 第150回「Manchester Dog」におけるローシェン(ラウチェン)の映像です。四肢の先端としっぽの先、頭部と背中の被毛を残して剃り上げる「ライオンカット」が見て取れます。
元動画は⇒こちら
ローシェントップへ