トップ犬の食事犬に必要な栄養犬にえさを与えるタイミング

犬にえさを与えるタイミング~食餌の時間はいつにするのがベスト?

 月齢や年齢によって、犬の必要としている栄養量には違いがあります。それに伴い、食事の回数や食事のタイミング等を飼い主の側で微調整してあげましょう。

給餌のタイミング

 以下は、犬にエサを与えるときのタイミングの一例です。給餌の仕方は、ライフスタイルや飼育頭数によって大きく変わりますので、あくまでも参考程度にお考えください。
犬に餌を与えるタイミングと分量の目安
給餌時間午前7時頃正午頃午後5時頃午後10時頃
~3ヶ月普通普通普通普通
3~6ヶ月普通少なめ普通少なめ
6~12ヶ月普通×少なめ×
12ヶ月~適宜×少なめ×
 朝食をメインの食事とするパターンです。成長期における必要カロリー数については子犬のケアの仕方を、1歳を超えて成長が止まってからの必要カロリー数については犬に必要な栄養量をご参照ください。
 12ヶ月を過ぎた犬は1日1回の食事で十分な量のエサを食べることができます。しかしドカ食いや早食いは糖尿病に結びつく恐れがあり、また消化吸収に要するエネルギー(食餌性熱効果)が低くなるため、肥満につながりやすくなります。犬ががっつきすぎる場合は、複数回に分けたほうがよいでしょう。
 食餌をしてすぐに運動をすると、胃捻転の危険性が高まります。またインスリンというホルモンの血中濃度が高くなり、脂肪の分解が抑制されますので、若干太りやすくなるかもしれません。消化に4~6時間かけて胃の中を空にしてから散歩に出かけたほうがよいでしょう。
 過剰な間食(おやつ)は肥満糖尿病の原因になりますので、 飼い主が責任もって監督管理します。日頃から犬の体型を観察し、肥満の傾向が見られたらすぐにダイエットを始めるようにします。

給餌のタイプ

 犬にエサを与える方法にはいくつかのタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。給餌のタイプを決めるのは、犬の体型、飼育頭数、簡便さ、持病がある場合は獣医師からの指示などです。
犬の給餌スタイル
  • 自由採食法エサをいつどれくらい食べるのかを、犬に任せる方法。「手間がかからない」・「専門知識を必要としない」というメリットがある反面、「食べ過ぎを制御しにくい」・「摂食量を把握しにくい」というデメリットがある。ちなみにこの方法で給餌されている犬は、40%の確率で肥満に陥るとか。
  • 定量給餌法エサの量と摂取カロリー数だけを飼い主がコントロールするという方法。「摂食量のコントロールをしやすい」・「食欲の変化に気づきやすい」・「体重のコントロールがしやすい」というメリットがある反面、「やや手間がかかる」・「摂食量の計算知識が必要」というデメリットがある。
  • 定時給餌法エサを与えるタイミングだけを飼い主がコントロールするという方法。「摂食量のコントロールがややしやすい」・「食欲の変化に気づきやすい」というメリットがある反面、「摂食量のコントロールは不正確になりやすい」・「食べ過ぎをコントロールしにくい」・「手間がかかる」というデメリットがある。