トップ犬の食事犬に必要な栄養犬の毒になる食べ物

犬の毒になる食べ物・完全ガイド~これを食べさせては危険!

 犬に食べさせてはいけない危険な食べ物を、写真付き一覧リストで解説します。命を落としかねない非常に危険なものには危険!、体調不良に陥る可能性が高いものには注意!というラベルを貼りました。「ついうっかり」がないようにしましょう。

犬の毒になる食べ物・危険編

 以下でご紹介するのは、犬の毒になる食べ物のうち死亡する危険性すらある絶対に避けたいものの一覧リストです。飼い主が間違って与えないことはもちろんのこと、犬が間違って近づかないよう厳重に管理しなければなりません。

チョコレート

犬が食べると危険な中毒食品・食材~チョコレート 危険! チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質がホスホジエステラーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害し、心臓の筋肉や神経に悪影響を及ぼします。具体的には血圧上昇、頻脈、不整脈、興奮、震え、けいれん、昏睡などです。大量に摂取した場合、6~24時間で死亡する危険性すらあります。ですから飼い主がチョコレートケーキを食べているときにせがんできても、絶対に与えてはいけません。テオブロミン含有量はホワイトチョコ<ミルクチョコ(1.5~2mg/g)<ダークチョコ(4.6~6.6mg/g)の順に高くなります。危険な時期は2月のバレンタインデー、12月のクリスマスなどです。 レンタインデーのある2月になると犬のチョコレート中毒症例が例年増える
イギリスでは2017年、大手スーパー「セインズベリーズ」がクリスマスシーズンに合わせて試供品チョコレートを各家庭に無料配布しました。その結果、郵便受けから投げ入れられたチョコレートを犬が誤食して体調不良に陥るというケースが多発しました。いい迷惑ですね…。

キシリトール

犬が食べると危険な中毒食品・食材~キシリトールを含む歯磨き粉やガム 危険! 人工甘味料「キシリトール」を犬が摂取した場合、インシュリンの急激な放出が起こり急性の低血糖に陥ってしまいます。ガム、歯磨き粉、ピーナツバター、ミントなどは絶対に遠ざけて下さい。気を緩めないため、具体的な中毒事例をご紹介します。
犬のキシリトール中毒事故
  • アメリカ・テネシー州シュガーフリーのメントスガムに含まれていたキシリトールを誤食してしまったナッシュビルの犬「キャノン」が急性肝不全で命を落とす(2018年10月)。
  • アメリカ・アイオワ州米国内でサプリメントとして市販されている睡眠補助成分メラトニンを犬の「ミリー」が誤飲。メラトニンそのものではなく混合成分であるキシリトール中毒にかかり命を落としかける(2018年9月)。
  • アメリカ・カリフォルニア州誕生日用のカップケーキを食べた飼い主が食べ残しをコンポストに捨てる。匂いにつられた犬の「ベニー」が中を漁り、甘味成分として使われていたキシリトールを誤食して中毒死。地元の行政機関も大規模な警告を発する(2017年9月)。
 2018年、イギリスで2千人の飼い主を対象として行われた調査では、およそ8%の人が犬の口臭予防に人間用の歯磨き粉を使っていることが判明したといいます。これを受け動物虐待防止協会は、フッ素やキシリトールなど有害成分をたくさん含んでいるので絶対に使わないよう警告を出しています。

タマネギ・ネギ類

犬が食べると危険な中毒食品・食材~タマネギ 危険! ねぎ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し溶血性貧血の原因になります。すき焼き残り汁、ねぎのかけらが入った味噌汁なども厳禁です。特に夏場のバーベキューなどで誤食の危険性が高まりますので十分ご注意下さい。またニンニクに含まれるアリシン類似物質が接触性アレルギー喘息性発作の原因になることがあります。

アルコール飲料

犬が食べると危険な中毒食品・食材~アルコール飲料 危険! 犬の肝臓はアルコールを分解するようには発達していません。少量でも酩酊状態になり、内臓が機能障害に陥る危険性があります。冗談半分でも飲ませるのはやめましょう。また腐ったリンゴやパン生地などにも注意します。アメリカの「PET POISON HELPLINE」ではピザ生地、フォカッチャ(パンの一種)生地などが犬に対する新たな中毒ハザードになりうるとして警告を出しているほどです。

ぶどう・レーズン

犬が食べると危険な中毒食品・食材~ぶどう・レーズン 危険! 理由は定かではないものの、嘔吐、腎機能障害、最悪の場合は死亡することもあります。レーズンを含んだパンも危険です。ぶどうの中に犬が必要としている栄養素は存在しませんので、原因がはっきりするまでは与えないに越したことはありません。
ブドウ糖は脳に必要だけど、「ブドウ」をそのまま与えると大変!

のどに詰まるもの

犬が食べると危険な中毒食品・食材~のどに詰まるもの 危険! 鳥の骨や魚の骨は犬の消化器官内に刺さりやすいので、与えないほうが無難です。犬は鼻が良いので、ゴミ箱をあさらないよう密閉式のものを使うようにしましょう。またあんず、梅、スモモ、モモなどの種子はのどにつまって呼吸困難を起こす危険性がありますので、犬の目に付かない場所へすばやく廃棄します。サクラ属(ウメ・モモ・プラム・アーモンド)の種子には微量のシアン化合物が含まれていますので、窒息のほか中毒にも注意が必要です。

人間用の医薬品

犬が食べると危険な中毒食品・食材~人間用の医薬品 危険! 人間用の医薬品は人間の体の大きさを基本に計算されています。体の小さな犬に与えると、副作用を通り越して毒薬になります。犬に人間用の風邪薬などを与えるのは絶対にやめましょう。
 2016年、イギリスの保険会社「MORE THAN」が英国内に暮らす犬や猫の飼い主1,000人に対して行ったアンケート調査では、約9%の飼い主が人間用の薬をペットに与えているという事実が明らかになっています。ペットに投与される人間用医薬品として挙がってきた名前の中には、命を奪いかねない危険なものも含まれていました。具体的には以下です。 犬と猫の中毒ハンドブック 多くの飼い主が人間用医薬品をペットに誤投与している(子猫のへや)
医薬品によるペットの中毒
  • 抗ヒスタミン薬ペットにおける抗ヒスタミン剤中毒の大部分は軽度で鎮静や運動失調などで終わることが多い。しかし肝機能障害を抱えている場合、中毒効果が高まる。
  • アセトアミノフェン臨床症状はチアノーゼ、呼吸困難、顔面浮腫、抑うつ、低体温、嘔吐など。これらの症状は進行し、衰弱、昏睡、最終的には死に至ることもある。猫においては46mg/kg、犬においては100mg/kg程度で中毒を起こすと推定される。
  • イブプロフェン主な臨床症状は腹痛、貧血、黒色便、吐血、胃腸過敏、胃潰瘍など。2015年4月には、イブプロフェンと同じく非ステロイド系抗炎症薬に属する「フルルビプロフェン」を舐めたことによる猫の死亡例が確認されたことから、アメリカ食品医薬品局(FDA)が緊急の警告を発している。
  • アスピリン中毒症状は抑うつ、嘔吐、食欲不振、呼吸速迫、発熱などで、摂取後4~6時間で出現する。中枢神経が抑制されると筋肉の運動失調を招き、昏睡から死に至ることもある。猫における中毒量は25mg/kg/日、犬では50mg/kg/日程度。
 最悪のケースでは死亡してしまうこともありますので、間違って与えないのはもちろんのこと、犬が薬箱に近づかないよう厳重に管理しておく必要があるでしょう。

毒キノコ

犬が食べると危険な中毒食品・食材~日本国内でよく見られる毒キノコの外観一覧写真 危険! 食用キノコと間違えて調理した毒キノコを食べてしまうと、飼い主共々中毒症状に陥ってしまうでしょう。食用と間違えやすい毒キノコはクサウラベニタケ(シメジと間違える)、ツキヨタケ(シイタケと間違える)、ニガクリタケ(ナメコと間違える)などです。
詳しくは犬との生活・秋の注意でも解説してあります。「危険編」をマスターしたら次の「注意編」も確認してみましょう!

犬の毒になる食べ物・注意編

 以下でご紹介するのは、犬の毒になる食べ物のうち体調不良に陥るリスクが高いものの一覧リストです。飼い主が間違って与えないことはもちろんのこと、犬が間違って近づかないよう厳重に管理しなければなりません。

カフェイン

犬が食べると危険な中毒食品・食材~カフェイン 注意! コーヒーや強壮剤などに含まれるカフェインには、中枢神経に対する強い興奮作用があります。人間が摂取すれば「頭がスッキリ!」程度ですが、体の小さな犬が体内に摂取すると、体調不良の原因になります。具体的には頻脈、過呼吸、興奮、震え、けいれん、不整脈などです。人間、犬、猫における致死量は、体重1kg当たりおよそ150mgと推計されています。
もちろんカフェイン入りのエナジードリンクもダメです!人間ですら死亡例があります。

人間用のサプリメント

犬が食べると危険な中毒食品・食材~人間のサプリメント 注意! 人間用のサプリメントは人間の体のサイズを基本に計算されています。水溶性ビタミンはおしっことして体外に排出されますが、脂溶性ビタミン(A,D,E)は体内に蓄積され、各種の過剰症を引き起こします。サプリメントは必ず犬用を与えてください。
 なお2016年、イギリスの保険会社「MORE THAN」が英国内に暮らす犬や猫の飼い主1,000人に対して行ったアンケート調査では、約5%の飼い主がプロテインシェイクやバーをペットに与えているという事実が明らかになっています。その主な理由は以下です。 多くの飼い主が人間用医薬品をペットに誤投与している(子猫のへや)
人間用サプリをなぜ与える?
  • スタミナを増強して体型を整える→21%
  • 早く体重が落ちるのはいいことだ→40%
  • ペットの健康を改善する→35%
  • 第三者からかっこよく見られる→6%
 プロテインパウダー、ダイエット用のサプリ、人間用のビタミンを摂った後、およそ15%の動物では体調を崩すとも。十分注意したいところです。

スイーツ・甘いお菓子類

犬が食べると危険な中毒食品・食材~甘いお菓子類 注意! 犬は甘いものが大好きですが、カロリーが高くて肥満に陥る危険性があるので与えないほうがよいでしょう。ちなみに人間では甘いお菓子に含まれる「ショ糖」が虫歯の原因になります。一方、犬においては口の中の細菌叢が人間とは微妙に違うため、虫歯の症例は極めてまれです(というかほとんどない)。

あわび・サザエ

犬が食べると危険な中毒食品・食材~あわび・サザエ 注意! 生のあわびの内臓(中腸腺)に含まれる「フェオフォーバイド」という物質が皮膚炎の原因になることがあります。皮膚の薄い耳の血管内にこの物質がたどり着くと、紫外線と反応して炎症を起こし、最悪のケースでは耳が取れてしまうこともあります。猫において「アワビを食べると耳が落ちる」という通説があるのもこのためです。特に被毛が白い犬は誤食と太陽光に要注意です。

イカ・スルメ

犬が食べると危険な中毒食品・食材~イカ・スルメ 注意! 生のイカの内臓や二枚貝(ハマグリ)には、チアミナーゼというビタミンB1を分解する酵素が多く含まれているため、ビタミンB1欠乏症を起こすことがあります。食欲低下・嘔吐、さらに進むと、瞳孔が開き、歩き方がフラフラになります。猫において「イカを食べると腰が抜ける」という通説がるのもこのためです。また、加工されたスルメイカなども、食べ過ぎると胃袋の中でボリュームが増しますので危険です。

生の豚肉

犬が食べると危険な中毒食品・食材~生の豚肉 注意! 生の豚肉は、「トキソプラズマ」という寄生虫の感染源となりえます。またこのトキソプラズマは「人獣共通感染症」ですので、犬の排泄物が何らかのルートを通って人間の口にはいると、人間にも感染してしまいます。生の豚肉や輸入豚肉は必ずよく加熱してから与えましょう。

生卵

犬が食べると危険な中毒食品・食材~生卵 注意! 生卵の白身には、「アビジン」という酵素の一種が含まれ、これはビタミンの一種であるビオチンを分解します。大量に食すると体内でビオチンが破壊され、皮膚炎や結膜炎などを引き起こすことがあります。アビジンは加熱すれば壊れますので、卵を与えるときは必ず加熱調理してから与えるようにしましょう。

香辛料

犬が食べると危険な中毒食品・食材~香辛料 注意! コショウ、ペッパー、とうがらし、カレー、タバスコ、わさびなどの香辛料は、胃腸炎や内臓障害の原因になる可能性があります。面白半分でカレーやキムチを舐めさせたりするのはやめましょう。
ちなみに犬の食糞症を防ぐためとうがらしを用いるという民間療法がありますが、効果がないことが確認されています。 お困りの方は食糞症をしつけ直すで最新情報をどうぞ。

アボカド

犬が食べると危険な中毒食品・食材~アボカド 注意! アボカド果実、種、葉などにはペルシンという物質が含まれており、人以外の動物に与えてはいけません。ウマ、ウシ、イヌ、ネコ、フェレットなどのペットや家畜に与えると中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥ることがあります。

生や大量のレバー

犬が食べると危険な中毒食品・食材~大量のレバー 注意! レバーは、ビタミンAやB群が豊富に含まれています。しかし、ビタミンAは脂溶性ビタミンと呼ばれ、過剰分は排出されず、体内に蓄積されてしまいます。結果として「ビタミンA過剰症」となり、骨の変形などを起こすことがありますので注意が必要です。家庭内でフォアグラを大量に食べる犬はいないでしょうが、レバニラ炒めや鶏肝の誤食なら十分に考えられます。
 また生のレバーには寄生虫や病原体という別のリスクが伴います。具体的には鶏、牛、豚の生レバーにおける病原性大腸菌、カンピロバクター、E型肝炎ウイルスなどです。また豚の生レバーは無鉤条虫、鶏の生レバーは犬回虫および猫回虫に汚染されている危険性があります。

人間用の食べ物

犬が食べると危険な中毒食品・食材~人間用の食べ物 注意! 人間用の食べ物は、体の小さな犬にとっては塩分の高いものばかりです。缶詰、スナック菓子、フライドチキン、コンビニ弁当、ご飯に味噌汁をかけた「ねこまんま」など、あらかじめ塩分が加えられている人間用の食物を与えないようにしましょう。
 また特にスナック菓子は、犬が袋に頭を突っ込んだまま窒息死するという事例が海外で頻発しています。留守番中はもちろんのこと、飼い主が家の中にいるときも犬が鼻先を突っ込まないよう気をつけておく必要があります。

人間用の牛乳

犬が食べると危険な中毒食品・食材~人間用の牛乳 注意! 子犬が母犬から離乳すると、牛乳に含まれる「乳糖」(ラクトース)を分解する酵素「ラクターゼ」の活性が急激に低下します。この低下には個体差があるため、牛乳を飲んでも平気な成犬がいる一方、人間と同じようにお腹が下って下痢状態になる成犬がいます。すべての犬にとって危険というわけではありませんが、与えないほうが無難でしょう。

食塩や塩水

犬が食べると危険な中毒食品・食材~テーブルに置かれた食塩 注意! 食塩を大量に摂取すると急性食塩中毒に陥り、嘔吐、ふらつき、下痢、昏睡などの症状が引き起こされます。キッチンや食卓の塩入れ、食塩を大量に含んだクリスマスシーズンの「塩生地飾り」には要注意です。またかつては誤飲や誤食したときの嘔吐剤として「食塩水を飲ませる」という方法が用いられていましたが現在では推奨されていません。

マカデミアナッツ

犬が食べると危険な中毒食品・食材~マカデミアナッツに含まれる未知の成分が中毒の原因になっている可能性あり 注意! 原因物質は特定されていないものの、マカデミアナッツによって歩行不全、筋肉の弱化、呼吸困難、震え、四肢の腫脹といった症状が引き起こされる可能性が指摘されています。念のため塩やチョコレートで味付けしたナッツ、クッキーやケーキに入っている砕いたナッツは食べさせないようにしましょう。
なお、犬が口に入れてはいけない危険なものに関しては、以下のページもご参照ください。 犬にとって危険な毒物 犬にとって危険な有毒植物 犬の誤飲・誤食リスト