トップ犬の健康と病気犬の消化器の病気犬の肝臓・膵臓の病気犬の膵炎

犬の膵炎

 犬の膵炎(すいえん)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の膵炎の病態と症状

 犬の膵炎とは、血糖値のコントロールと栄養分の消化を担当している膵臓(すいぞう)という臓器に炎症が発生した状態のことです。
 膵臓には大別して内分泌機能と外分泌機能があります。内分泌機能はランゲルハンス島が中心となってホルモン(インスリンやグルカゴン)の生成に携わっているのに対し、外分泌機能は主に消化酵素(膵液)の生成に携わっています。
膵臓の構造と機能
膵臓の内分泌部と外分泌部の模式図
  • 膵臓・内分泌部 膵臓の中にランゲルハンス島という形で点在しており、全体の約10%を占める。血糖値を下げる「インスリン」と血糖値を上げる「グルカゴン」を生成する。
  • 膵臓・外分泌部 膵臓の約90%を占める。デンプンを分解する「アミラーゼ」、脂肪を分解する「リパーゼ」、タンパク質を分解する「トリプシン」と「キモトリプシン」、核酸を分解する「ヌクレアーゼ」などを生成する。
 膵臓の「外分泌部」から放出される各種の消化酵素は非常に強力です。ですから膵臓内では自分自身の細胞を傷つけないよう特殊な防御カバーがかけられており、隣接する十二指腸に送り出されてから初めて外されるという仕組みになっています。しかし何らかの理由でこの防御カバーが膵臓内で外れ、十二指腸に達する前に膵臓の細胞を消化してしまうことがあります。この状態が「膵炎」です。 正常な膵臓と炎症を起こした膵臓の比較図  今まで元気だった犬が突然症状を示すタイプを「急性膵炎」、膵炎が長期にわたって持続しているタイプを「慢性膵炎」と言います。両者に共通する症状は以下です。
犬の膵炎の主症状
犬の眼球結膜と歯茎に出現した黄疸の外観
犬の膵炎トップへ

犬の膵炎の原因

 犬の膵炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の膵炎の主な原因
犬の膵炎トップへ

犬の膵炎の治療

 犬の膵炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の膵炎の主な治療法
  • 対症療法  原因が分からないため、疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。具体的には輸液、制吐剤、鎮痛剤、絶食などです。食べ物を受け付けない場合は腸内にカテーテルと呼ばれる細い管を設置し、強制的に栄養素を送り込みます。多くの場合、入院治療が必要です。
  • 外科手術  膵炎が悪化して胆嚢の管が詰まってしまった場合は、おなかを切って外科的に目詰まりを治す必要があります。
  • ダイエット 肥満が膵炎を悪化させることがあるため、太り気味の犬にはダイエットを行います。
犬の膵炎トップへ