トップ犬の健康と病気犬の呼吸器の病気犬の肺水腫

犬の肺水腫

 犬の肺水腫(はいすいしゅ)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の肺水腫の病態と症状

 犬の肺水腫とは、肺の中に水がたまり、ガス交換がうまくいかなくなってしまった状態をいいます。
 肺の内部で酸素と二酸化炭素のガス交換を行っている機能単位を肺胞といいますが、この肺胞や肺胞に連なる細気管支などに水がたまり、機能不全に陥るのが肺水腫です。多くの場合、他の疾患の周辺症状として発症しますが、急性の場合は命を落とすこともある危険な病気ですので、飼い主としては呼吸器の異常徴候に常に気を配っておく必要があります。 肺と肺胞の模式図  犬の肺水腫の症状としては以下のようなものが挙げられます。
犬の肺水腫の主症状
  • 吐き気
  • 呼吸困難
  • よだれをたらす
犬の肺水腫トップへ

犬の肺水腫の原因

 犬の肺水腫の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の肺水腫の主な原因
  • 有毒ガスの吸入  有毒ガスなどの毒物を肺の内部に吸い込むことによって肺水腫が発生することがあります。
  • 心臓の異常  心不全僧帽弁閉鎖不全症など、心臓に何らかの異常があると、肺胞内の毛細血管の内圧が上昇して、水分が外に押し出され、肺水腫を引き起こすことがあります。
  • 血中たんぱくの減少  肝硬変ネフローゼ症候群などにより、血液中のタンパク質(アルブミン)が減少して血管内に水分を留めておけなくなり、血管外に流出して肺水腫を引き起こすことがあります。
犬の肺水腫トップへ

犬の肺水腫の治療

 犬の肺水腫の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の肺水腫の主な治療法
  • 基礎疾患の治療  肺水腫は、多くの場合別の疾病の周辺症状として発症します。ですから、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。
  • 対症療法  疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されます。たとえば肺にたまった水を抜くため、利尿薬が投与されたり、酸欠状態のときは酸素吸入などが行われます。
犬の肺水腫トップへ