トップ愛犬家の基本ノーキルへの道

ノーキル(No kill)への道~犬や猫の頭数管理に殺処分を用いない国へ

 「ノーキル」(No-Kill)とは、行政機関に収容された里子に出せる犬猫を殺さずに命をつなぐシステムのことです。日本では平成29年度(2017年4月~2018年3月)、およそ4万3千頭もの犬や猫が殺処分されました。この中には、保健所や愛護センターにおける予算やスペースの都合上、健康であるにもかかわらず殺された動物たちも含まれています。今後この殺処分数を減らすためには、日本に存在しているすべての自治体が「ノーキル」に移行していく必要があります。

参考資料一覧