トップ犬の健康と病気犬の生殖器の病気オス犬の生殖器の病気犬の前立腺肥大

犬の前立腺肥大

 犬の前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の前立腺肥大の病態と症状

 犬の前立腺肥大とは、年齢とともに前立腺の細胞が徐々に増え、肥大してしまった状態を言います。 人の前立腺の位置・模式図  前立腺(ぜんりつせん)とは、膀胱の真下にあり、尿道を取り囲むかたちで存在しているオスにのみある生殖器です。主な働きは、前立腺液を分泌し、精嚢(せいのう)から分泌された精嚢液を、精巣で作られた精子と混合して精液を作ること、および射精時における収縮や尿の排泄を補助することなどです。
 前立腺肥大はヒトとイヌにだけ発生する病態で、老犬に多く見られます。未去勢のオス犬の場合、6歳時における有病率が約60%、そして9歳時における有病率が95%にまで達するといいますのでかなりのものです。ちなみに日本人男性の場合は、80歳までに約8割が当症になるといわれています。 正常な前立腺と肥大した前立腺の比較模式図  犬の前立腺肥大の症状としては以下のようなものが挙げられます。通常、痛みを伴うことはありません。また日常生活に支障をきたすようなケースも少ないことから、「良性前立腺過形成」と呼ばれることもあります。これはつまり「ただ単に、前立腺が大きくなっただけ」という意味です。
前立腺肥大の主症状
  • おしっこの量が減り、回数が増える
  • ちょびっとしか尿が出ない
  • 便秘
  • 血尿(まれ)
犬の前立腺肥大トップへ

犬の前立腺肥大の原因

 犬の前立腺肥大の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
前立腺肥大の主な原因
  • 不明  イヌの場合もヒトの場合も加齢と男性ホルモン(テストステロン)が影響していることは確かですが、正確なメカニズムまではわかっていません。
犬の前立腺肥大検査キット「Odelis」(オデリス)  日本にはまだありませんが、アメリカでは「CPSE」(前立腺特異的アルギニンエステラーゼ)と呼ばれる物質の血清濃度を計測することで、前立腺肥大の診断や治療効果の判定に役立てるという選択肢があります(→出典)。「CPSE」は男性ホルモンの影響を受けて前立腺の上皮細胞から分泌される物質で、前立腺が肥大すると前立腺液や血液中の濃度が高まるという特徴を有しています。ビルバックから「Odelis®」という検査キットも発売されており、血清CPSE濃度が50ng/ml未満なら「疑いなし」、50~70ng/mlなら「疑いあり」、70ng/ml以上なら「強い疑いあり」と判断されます(→出典)。前立腺肥大を抱えた34頭と健康な55頭を対象とした調査により、陽性のものを正しく陽性と判定する確率である「感度」は97.1%、陰性のものを正しく陰性と判定する確率である「特異度」は92.7%程度と推計されています。この検査法は、そのうち日本にも導入されるかもしれませんので、覚えておいて損はないでしょう。
犬の前立腺肥大トップへ

犬の前立腺肥大の治療

 犬の前立腺肥大の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
前立腺肥大の主な治療法
  • 食事療法  前立腺が肥大して腸を圧迫し、軽い便秘を起こしているだけなら食事療法で改善することがあります。
  • ホルモン剤投与  前立腺肥大がまだ小さいときにホルモン剤を投与すれば、それ以後の成長を遅らせることができます。
  • 去勢手術  去勢手術によって精巣を取り除き、男性ホルモンの濃度を下げることで、予防効果が期待できます。また仮に前立腺が肥大していても、去勢手術を行うことで急速に縮小します。オス犬の去勢手術
  • 手術療法  前立腺肥大がかなり進行し、他の臓器の機能不全を招いているような場合は外科手術によって除去してしまいます。
犬の前立腺肥大トップへ