トップ犬の健康と病気犬の呼吸器の病気犬の気管虚脱

犬の気管虚脱

 犬の気管虚脱(きかんきょだつ)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の気管虚脱の病態と症状

 犬の気管虚脱とは、気管が押しつぶされてぺちゃんこになり、空気の流れが悪化してしまった状態を言います。
 気管(きかん)とは、のどと肺を結ぶ管のような器官で、C字形の軟骨が連続して外側を囲み、首の動きに合わせて柔軟に変形するようにできています。しかしこの軟骨が本来の形状を保てず、気管内部にある空気の通り道が狭まってしまうと、呼気と吸気がうまくいかず呼吸困難をきたします。夏場に多く発症し、いったん症状が治まっても再発しやすい厄介な病気です。トイプードルヨークシャーテリアチワワポメラニアンなどの小型犬に多いとされます。 気管と気管支の位置関係  犬の気管虚脱の症状としては以下のようなものが挙げられます。なおI~IVは虚脱の重症度で、赤い筋肉の膜(膜性壁)が付いている方が背中側です。
犬の気管虚脱の主症状
  • 呼吸困難
  • (時に)咳
  • よだれをたらす
  • チアノーゼ(口内粘膜が青紫)
犬の気管虚脱の重症度(I~IV度)
  • I度気管の直径が約25%減少+膜性壁が軽く内側に突出している
  • II度気管の直径が約50%減少
  • III度気管の直径が約75%減少+気管の筋肉が気管の粘膜に部分的に接触している
  • IV度気管の直径が約90%以上減少+気管の断面は平たくつぶれ、時に数字の「8」を横にしたような状態になる
犬の気管虚脱トップへ

犬の気管虚脱の原因

 犬の気管虚脱の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の気管虚脱の主な原因
  • 遺伝的に軟骨が弱い
  • 犬種(小型+短頭種に多発)
  • 老齢による気管周辺筋力の弱化
  • 肥満
犬の気管虚脱トップへ

犬の気管虚脱の治療

 犬の気管虚脱の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の気管虚脱の主な治療法
  • 投薬治療  軽症の場合は薬を投与することでよくなることがあります。具体的には咳止め薬や抗炎症薬などです。
  • 酸素吸入  酸欠状態がひどい場合は酸素吸入を行い、取り急ぎその場をしのぎます。
  • 外科療法  気管の変形が激しく、また投薬治療では効果が無いと判断された場合は、外科手術が施されることがあります。具体的には、喉頭部の麻痺、咽頭部の反転があるときなどです。またC型ステントと呼ばれる人工の気管軟骨が埋め込まれることもあります。
  • 悪化因子をなくす  気管虚脱を悪化させる要因の中には、飼い主の側で取り除けるものがあります。具体的には首輪の代わりにハーネスを用いる、肥満を予防する、激しい運動を控える、熱い時は外出を控えるなどです。 犬の肥満 犬に関する夏の注意
 獣医学専門雑誌「Journal of Small Animal Practice」の2016年1月号の中で、小型犬に多い呼吸器系疾患「気管虚脱」(きかんきょだつ)の特集が組まれ、最新情報に基づいた総括が行われました。詳しくはこちらの記事をご参照ください。
犬の気管虚脱トップへ