トップこのサイトについて

このサイトについて

当サイト(子犬のへや)内を効率的に閲覧するためのコツなどについて解説します。

サイトの基本的な使い方

 当サイトは内容が多岐にわたるため、閲覧中に迷わないよう多種多様なナビゲーションを取り揃えております。以下ではサイトの基本構造やボタンの位置、効率的にサイト内を巡回するコツなどを解説します。
サイトの基本的な使い方
  • 迷ってとりあえず元に戻りたい場合全てのページの左上(携帯端末では上部)にはサイトロゴがあります。ここをクリックするとどのページからでもトッ プページに戻ることができます。
  • 大雑把なカテゴリを概観したい場合ページ上部に設置してあるグローバルナビ(サイトマップ・犬を飼うまで・犬を飼ったら・犬を知りたい)をクリックしてください。
  • 階層間を上下左右にすばやく移動したい場合各ページ上部に設置してあるパンくずリストと呼ばれる位置情報、もしくはページ右(携帯端末では下部)に設置してあるサイドナビをクリックしてください。
  • 特定のキーワードを調べたい場合ページ上部と下部にサイト内検索窓を設置してありますので、そちらに言葉を入力してください。
  • 関連項目を知りたい場合ほとんどのページ下部には「あわせて読みたい」項目として関連ページをリンクしてありますので、こちらをご参照ください。
このサイトについてトップへ

推奨環境

 当サイトはレスポンシブデザインを採用しております。これは、画面の大きさに応じて(respond)、レイアウトやデザインが若干変わるというデザインのことで、スマートフォン(iPhoneやAndroid系)を始めとする小スクリーンの携帯端末でも、比較的楽に閲覧することができます。もちろんPCにも対応していますが、閲覧時は画像解像度の横幅を800ピクセル以上にしてご覧になることをお勧めします。なお、限定的な表示能力しかない従来の携帯電話には対応しておりませんのでご了承ください。
 パソコン用ホームページ閲覧ソフト(ブラウザ)に関しては、以下の表示テストを終了しております。シャドウや角丸などの効果を最大限に発揮するため、最新版へバージョンアップすることを、強くお勧めいたします。
対応済みPC用ブラウザ
このサイトについてトップへ

リンクについて

 当サイトへのリンクはフリーです。任意ですが、一言ご連絡頂けると幸いです。リンクの仕方はテキストと画像のどちらでも自由ですが、画像にリンク設定をしたい場合は下のバナーをご利用下さい(上2つがJPEG、下2つがPNG)。なおリサイズは自由です。
子犬のへや・JPEGバナー小 子犬のへや・JPEGバナー大 子犬のへや・PNGバナー小 子犬のへや・PNGバナー大
 また、第三者を誹謗中傷したり、その信用を失墜させたりする意図で作成された内容を含むウェブサイト、 当サイトのリンクを利用して商行為を行うことを目的としたウェブサイトからのリンクはご遠慮いただいております。また リンクに際して当サイトをリンク元サイトのフレーム内に表示させると、当サイトがあたかもそのサイトの一部であるかのような誤解を招きますので、インラインフレーム内への表示はご遠慮ください。
このサイトについてトップへ

配信広告について

 当サイト内では広告を配信しています。Google を含む第三者配信事業者は、ブラウザのCookie を使用して、ウェブサイトにおけるユーザーの閲覧履歴に基づき、広告を配信します。ユーザーはブラウザの設定を変えることにより、Cookie の使用を拒否することも出来ます。→こちら
このサイトについてトップへ

免責事項

 当サイト「子犬のへや」の情報は、無料で提供されています。コンテンツの閲覧や情報利用については、ユーザー様ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また当サイトの利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等が発生しましても、当方では一切責任を負いかねますのでご了承ください。
 コンテンツの正確性には万全を期していますが、人間ですので間違うこともあります。サイト内で、明らかに事実と異なるという文言が見受けられた場合は、ご一報いただけると幸いです。その際、検証可能な情報源(ソース)を明示していただけると大変助かります。その他の特記事項は以下です。
  • 広告の掲載について 当サイトは特定企業に肩入れするのが難しい立場にあります。広告掲載のお申し出はありがたいのですが、ランダム表示の広告をメインとしておりますので、ご了承下さい。
  • 広告の内容について 当サイトは特定の政治団体や宗教団体とは何の関わりも持っていません。もし該当するような広告が表示された場合は個別にブロックしますので団体名をご連絡頂けると幸いです。
  • 引用について 近年「キュレーション」や「まとめサイト」による引用の事例が多く見受けられます。サイト内のコンテンツを引用される方は、今一度著作権法第三十二条が規定する「引用」の意味をご理解いただきたいと思います。例えば、記事内の大部分が当サイトのコピーから成り立っているような場合は、引用の範疇を超えた剽窃行為とみなされますのでご注意ください。
サイト管理者
このサイトについてトップへ