トップ有名な犬一覧保持記録で有名な犬ティガー

ティガー

 史上最も長い耳を持つ犬「ティガー」について解説します。

ティガーとは?

史上最も耳が長かった犬・ティガー(Tigger)  ティガー(Tigger)は、「史上最も耳が長かった犬」としてギネス記録に認定されているブラッドハウンド。2004年9月29日に計測した時の記録は、右耳が34.9センチメートルで左耳が34.2センチメートルでした。
 彼はイリノイ州のセントジョセフに暮らすブライアンとクリスティーナ夫妻の飼い犬で、2003年にはブラッドハウンドの「犬種殿堂」にも入った純血種です。「生きている中で最も耳が長い犬」の記録も同時に保持していましたが、2009年10月に他界したため、このタイトルは後述する「ハーバー」に譲り渡しています。
生きている中で最も耳が長い犬・ハーバー(Harbor)  ティガーから「生きている中で最も耳が長い犬」のタイトルを譲り受けたのが、コロラド州ボウルダーに暮らすブラックアンドタンクーンハウンドのハーバー(Harbor)です。左耳31.1センチメートル、右耳34.3センチメートルという彼の記録は、2012年度のギネス記録に認定されています。飼い主であるジェニファー・ワートさんによると、子犬の頃は自分の耳に足を取られ、よく転んでいたとか。 LONGEST EARS ON A DOG - EVER LONGEST EARS ON A DOG - LIVING

ティガーの写真・動画

 以下でご紹介するのは、史上最も長い耳を持つ犬「ティガー」の写真と動画です。 「史上最も耳が長かった犬」としてギネス記録に認定されているティガー(Tigger)
 ティガーの犬種であるブラッドハウンドがもつ長い耳の役割は、まず第一に耳を塞ぐことで匂いへの集中力を高めること。そして第二に、耳を揺さぶることで空気の流れを作り出し、鼻に送り込む揮発物質の量を増やすことだと言われている。写真の出典はこちら
「生きている中で最も耳が長い犬」としてギネス記録に認定されているハーバー(Harbor)
 ハーバーを街中で見かけた人は、一様に驚き、思わず足を止めてしまうという。中には彼の耳をつまんで持ち上げてしまう人もいるが、彼はこの種のスキンシップが嫌いだという。写真の出典はこちら
世界最長の耳・ハーバー
 以下でご紹介するのは、「生きている中で最も耳が長い犬」としてギネス記録に認定されているハーバー(Harbor)の動画です。体が大きくなった今でも、気が散る状況においては自分の耳を踏んづけて転んでしまうことがあるそうです。 元動画は⇒こちら