トップ犬の心を知る犬のカーミングシグナル犬が口元や鼻先をなめる

犬が口元や鼻先をなめるときの意味を写真と動画で徹底解説!

 犬のカーミングシグナルをクイズ形式でまとめました。問いにある写真を見て犬が何と言っているのか当ててみてください。下にスクロールすると答えが出てきます。サンプル動画や写真もあわせてご紹介しますので、楽しみながら犬の言葉を学びましょう!
 なお、犬の言葉・気持ち犬の心を読む訓練も合わせてご参照ください。

犬が口元や鼻先をなめる状況

 犬が猫のエサを盗み食いしようとしていたので、大きな声で「コラッ!」としかりつけました。すると舌を出して鼻先をペロリ・・。さて、このときの犬の気持ちは? 「犬が口元や鼻先をなめる」・設問写真

犬が口元や鼻先をなめる意味の解説

「犬が口元や鼻先をなめる」・解答と解説  口元や鼻先をなめるというカーミングシグナルは、自分の感情を鎮めたり、相手の興奮を落ち着かせるときに用いられるものです。ヘビのようにすばやく出し入れする場合は特にフリッキング(flicking)とも呼ばれます。
 例題では、飼い主がなにやら怒っていることを感じ取った犬が、「そんなに怒らないでほしいな・・」というなだめる気持ちをもって舌なめずりしています。興奮していた自分を鎮めると同時に、飼い主の感情も落ち着かせ、不要な争いに発展しないようにしているのです。ちなみに、体毛が黒い犬や、顔周辺の毛の量が多い犬ほど、このカーミングシグナルを多用するとも言われています。
 犬にとっての「口元や鼻先をなめる」という行為は、人間にとっての「つばを飲み込む」という行為に近いかもしれません。たとえば、結婚式でスピーチを任されている人や、国語の授業で朗読を当てられた人は、つばを飲み込んで緊張を緩和しようとします。これと同様、怒られたり他の犬とケンカしたりしたときなど、犬にとって過剰な緊張や不安があるとき、口元や鼻先をなめることで何とか自分の感情を押さえ込もうとするのです。

犬が口元や鼻先をなめる動画

 以下でご紹介するのは、犬が口元や鼻先をなめる瞬間をとらえた動画です。犬が舌を出すのは何も不安やストレスを抱えているときだけではありません。おいしいものを目の前にしてよだれが垂れた時や、口元にウエットフードの食べかすが着いたときにも見られるでしょう。
元動画は⇒こちら
 動画の中では2種類の「舌出し」(口なめ)が登場します。前半はストレスに起因する舌出しで、どこからともなく聞こえてくる音に不安を感じた犬が鼻に届くほど大きく舌を外に出しています。特徴は舌の裏側が見えるという点です。 犬の舌出し(lip licking)~不満足・不安な状況で出るパターン  後半は逆に満足に起因する舌出し(口なめ)で、のど元をなでられてご満悦の犬が小さく口を開けて隙間からチョロッと舌先を出しています。何かを飲み込んでいるわけではないことから、リラックスのシグナルとして下が出たものと考えられます。 犬の舌出し(lip licking)~満足・ストレスフリーな状況で出るパターン  同じ「舌を出す」という動作でも状況によって意味が変わるようですね。観察する人はしっかりと犬が置かれている環境や文脈を理解し、臨機応変に意味を捉える必要があります。