トップ犬の食事ドッグフード成分・大辞典糖類マンナンオリゴ糖

マンナンオリゴ糖(MOS)~安全性と危険性から適正量まで

 ドッグフードのラベルに記された「マンナンオリゴ糖」(MOS)。この原料の成分から安全性と危険性までを詳しく解説します。そもそも犬に与えて大丈夫なのでしょうか?また何のために含まれ、犬の健康にどのような作用があるのでしょうか?

マンナンオリゴ糖の成分

 マンナンオリゴ糖はグルコースとマンノースがβ結合した水溶性食物繊維の一種。英語の「MannanOligoSaccharides」から「MOS」とも呼ばれます。またグルコマンナンとも呼ばれ、こんにゃくの主な構成成分として有名です。 ドッグフードの成分として用いられる「マンナンオリゴ糖」  マンナンオリゴ糖(MOS)の安全性は比較的高く、こんにゃく由来のグルコマンナンのラットにおけるNOEL(無影響量)は体重1kg当たり1日1,250mgとされています。下痢や便秘が出始めるのは3,000mg/kg/日を超えてからです。なおEFSA(欧州食品安全機関)における一日摂取許容量(ADI)は体重1kg当たり10gに設定されています。
 一方2010年、カナダ保健省は国内で市販されているグルコマンナンを含む健康食品(錠剤・カプセル・パウダー)について、少なくとも240mLの水や液体と一緒に服用しなければ窒息、食道閉塞、腸閉塞の危険があるとの注意喚起を行っています出典資料:食品安全委員会。また日本においても2008年、こんにゃく入りゼリーを食べた幼児(当時1歳9ヶ月)が窒息死するという事故が起こっていますので、サプリメントやゼリーという形で食べる場合はそれなりの注意が必要でしょう出典資料:国民生活センター

マンナンオリゴ糖は安全?危険?

 マンナンオリゴ糖を犬に与えても大丈夫なのでしょうか?もし大丈夫だとするとどのくらいの量が適切なのでしょうか?以下でご紹介するのはマンナンオリゴ糖に関して報告されている安全性もしくは危険性に関する情報です。

人間に対する作用・影響

 マンナンオリゴ糖(MOS)に関しては、人間を対象とした膨大な数の実験や調査が行われています。しかしその結果はクリアとは言えず、影響があったというものから全くなかったというものまで様々です。
 効果を示唆するものとしては、14の調査報告(合計531人)をメタ分析したものがあります出典資料:Sood N, 2008。この分析では、糖尿病や肥満を抱えた患者にマンナンオリゴ糖(MOS)を投与したところ、総コレステロール値、LDLコレステロール値、中性脂肪値、体重、空腹時血糖値に改善が見られたとしています。
 逆に効果がなかったとするものとしては、二重盲検無作為化プラセボ比較試験が採用された9つの調査報告をメタ分析したものがあります出典資料:Onakpoya I, 2014。この分析では、マンナンオリゴ糖(MOS)を肥満患者に与えても、統計的に有意な体重減少は見られなかったと結論づけています。
 中間的な報告をしているものとしては、無作為化プラセボ比較試験が採用された6つの調査報告をメタ分析したものがあります出典資料:Zalewski BM, 2015。この分析では、マンナンオリゴ糖(MOS)を肥満患者に投与した所、2~5週間後のタイミングで体重が減少したとする報告がある一方、8~12週間後のタイミングでは体重減少が見られなかったという相反する報告があることを認めています。
 上記したように、マンナンオリゴ糖(MOS)の人間に対する効果や作用ははっきりしていないのが現状です。もし何らかの作用があるのだとすると、肥満体型にある人の血中コレステロール、トリグリセリド濃度、血糖値の低下だと考えられます。また空腹時や食後の血糖値を低下させる可能性も示唆されています。

犬に対する作用・影響

 犬を対象としたマンナンオリゴ糖の給餌試験はかなりの数が行われています。その結果は人間の場合と同様、お腹の調子を整えると言い切れないのが現状です。以下では代表的な調査報告の一部をご紹介します。

J.A.Strickling, 2000

 7頭のメス犬を対象とし、フラクトオリゴ糖(FOS)、マンナンオリゴ糖(MOS)、キシロオリゴ糖(XOS)を体重1kg当たり5gの割合で給餌したときの消化性を比較検討しました出典資料:J.A.Strickling, 2000
 その結果、どのオリゴ糖にしても大腸における微生物の成長や小腸における揮発性脂肪酸の比率に大きな影響は及ぼさなかったといいます。またFOSやXOSと比較したとき、MOSでは回腸における酪酸の割合の低下、回腸におけるプロピオン酸濃度の上昇、糞便中のクロストリジウム属減少が見られたとも。

J.Zentek, 2002

 4頭の犬を対象とし、体重1kg当たり1gの割合でMOSを添加したところ、糞便のpH、アンモニア排出量、粗タンパクの見かけの消化率、窒素フリー抽出物、乾燥重量が低下したといいます出典資料:J.Zentek, 2002

K.S.Swanson, 2002

 4頭の犬を対象とし、フラクトオリゴ糖(FOS)、マンナンオリゴ糖(MOS)、FOSとMOSの混合サプリメントを、1日2回合計2g投与しました出典資料:K.S.Swanson, 2002
 その結果、MOS添加群では「糞中の好気性菌トータルが少なくなり、乳酸菌が多くなる」「白血球中におけるリンパ細胞の割合が大きくなる」「血清IgA濃度が高くなる」「回腸内の乾燥物と有機物の消化性が低くなる」という変化が見られたといいます。またFOSとMOSの混合サプリメントを添加した群では、「回腸のIgA抗体濃度が高くなる」「糞中インドールとフェノール濃度が低くなる」という傾向が確認されたとも。

C.Grieshop, 2010

 34頭の老犬(8~11歳のポインター | 9~11歳のビーグル)を対象とし、チコリ(フラクトオリゴ糖源)1%、マンナンオリゴ糖(MOS)1%、チコリ+MOS1%を含むフードを4週間給餌して糞便や血液のパラメータを比較しました。
 その結果、無添加フードの場合と比べて以下のような変化が見られたといいます出典資料:C.Grieshop, 2010
食物繊維による犬への影響
  • チコリ添加脂質の消化性増加 | ビフィズス菌濃度増加 | 好中球数増加
  • MOS添加ビフィズス菌濃度増加 | 大腸菌濃度低下 | 末梢血リンパ細胞濃度低下
  • チコリ+MOS添加糞便スコアが増加して水分含量が増加 | 好中球数増加 | 末梢血リンパ細胞濃度低下

A.K.Pattanai, 2012

 5頭の犬を対象とし、マンナンオリゴ糖(MOS)を1%の割合で含んだフードを給餌した所、以下のような変化が見られたといいます(A.K. Pattanai, 2012)
MOSによる犬への影響
  • 摂食量の増加
  • 食物繊維の消化性増加
  • 糞便中の短鎖脂肪酸増加
  • 大腸菌群減少
  • 乳酸桿菌増加

M.M.Pawar, 2017

 スピッツを5頭ずつ2つのグループに分け、一方にはMOSをフード1kg中15gの割合で添加した上で手作り食を150日間給餌しました。主な結果は以下です出典資料:M.M.Pawar, 2017
MOSによる犬への影響
  • 不変項目嗜好性 | 摂食量 | 見かけの消化性 | 糞便スコア | pH | アンモニア | 短鎖脂肪酸 | 血清IgG赤血球の抗酸化指標
  • サプリ群で見られた変化細胞免疫反応増加 | CD4+の総量増加 | CD4+:CD8+比率増加 | 血清LDL減少
全体として「腸内の大腸菌が減って乳酸菌が増える」という傾向が見て取れます。しかしこの傾向が犬の健康増進につながっているのかどうかはわかっていません。結局のところ、犬におけるマンナンオリゴ糖の適正量に関してはよくわかっていないというのが現状です。