トップ有名な犬一覧日本国内で有名な犬きな子

きな子

 度重なる失敗にもめげず警察犬に合格した犬「きな子」について解説します。

きな子とは?

 きな子は、度重なる失敗にもめげず警察犬に合格した犬。
失敗にもめげない姿が多くの人の心をとらえたきな子  ラブラドールレトリバーのメス・きな子が生まれたのは2003年5月15日、場所は香川県にある「丸亀警察犬訓練所」でした。翌2004年から警察犬になるべく訓練を開始し、さらに翌年の2005年には、早くも県警主催の訓練会に出場しています。そしてこのときのドジっぷりがテレビで紹介されたことにより、彼女は一躍人気者になりました。「ドジっぷり」とは、障害物を乗り越える際に顔面から落下するという派手なズッコケのことです。
 きな子はその後も訓練を重ね、警察犬への登竜門となる県警鑑識課主催の競技会に何度もチャレンジしますが、6回連続で失敗してしまいます。しかし2010年11月、トレーナーが変わり、新たな気持ちで臨んだ7回目のチャレンジでは、臭気選別の部で38頭中1位という好成績を収め、ようやく周囲の人々を見返すことができました。なおこのときの成績が評価され、彼女は2011年1月、嘱託警察犬として正式採用されています。
 きな子とそのトレーナーだった川西智紗さんの奮闘を描いた物語は、「きな子~見習い警察犬の物語~」というタイトルで2010年に映画化されました。映画内で「きな子」を演じたのは同名の俳優犬で、川西さんを演じたのは女優の夏帆さんです。
 2013年春に引退した後は県警の広報などで活躍していましたが、2017年3月20日、訓練所の居間で安らかに息を引き取りました。14歳。 きな子の風景 ~見習い警察犬の物語~

きな子の写真・動画

 以下でご紹介するのは、度重なる失敗にもめげず警察犬に合格した犬「きな子」の写真と動画です。 訓練実演で臭気選別技能を披露するきな子
 きな子は現在も、訓練実演やイベントなどで活躍しており、彼女の娘に当たる「こむぎ」や「みりん」も競技会に出場している。写真の出典はこちら
警察犬きな子・初出勤
 以下でご紹介するのは、警察犬に合格したきな子が、県警から委嘱を受ける「警察犬委嘱式」の動画です。 元動画は⇒こちら