トップ犬の種類さ行に属する犬の種類ジャーマンショートヘアードポインター

ジャーマンショートヘアードポインター

 ジャーマンショートヘアードポインターの体の特徴(体高・体重・分類)、誕生した場所や来歴、一般的な性格やお手入れする際の注意点などをまとめました。

ジャーマンショートヘアードポインターの基本情報

ジャーマンショートヘアードポインター
  • 体高
    オス⇒ 58~64cm
    メス⇒ 53~58cm
  • 体重
    オス⇒ 25~32kg
    メス⇒ 20~27kg
  • 分類
    スポーティンググループ
犬の購入や繁殖の前に  現在犬の購入や繁殖をお考えの方は、日本におけるペットの現状を読んでおくことをお勧めします。保健所や動物愛護センターには、飼い主を待っている犬がいるかもしれません。お近くの里親募集機関もぜひご参照ください。また犬を迎えるときの基本情報に関しては以下のページでも詳しく解説してあります。 犬の購入・入手方法 犬を選ぶときの注意 ペットショップで犬を買う前に

ジャーマンショートヘアードポインターの歴史・ルーツ

 ジャーマンショートヘアードポインターの起源は、17世紀頃、古来からいるスパニッシュポインターと、地元ドイツの猟師が使っていた嗅覚獣猟犬であるハノーバーハウンドとの交配によって誕生した犬です。
 1800年代初頭に「ネロ」と「トレフ」という2匹のドイチュ・クルツハールス(この犬種の以前の呼び名で”ドイツの短い髪”という意味)がジャーマン・ダービー(猟犬の能力を競う競技)のポインティング部門で頭角を現し、彼らの血統が現在のジャーマンショートヘアードポインターの基礎を築くことになります。この犬を基礎犬として作出が進められ、ポインティング能力(獲物を指し示す能力)、回収能力、追跡能力、獲物をしとめる能力を併せ持った万能の猟犬として、1800年代後半に完成したのが、現在のジャーマンショートヘアードポインターです。

ジャーマンショートヘアードポインターの性格・特徴

 ジャーマンショートヘアードポインターの性格は活発で忠実です。子供を含めた小さな動物に対してやや乱暴になることもありますので、子犬の頃からのトレーニングが必要です。

ジャーマンショートヘアードポインターのお手入れ・注意点

 ジャーマンショートヘアード・ポインターは活動的な猟犬を目指して交配された犬種のため、毎日かなりの運動量を必要とします。少なくとも1時間以上は一緒に散歩したり遊ぶようにしましょう。水の中で遊ぶことも好きなので、季節によっては水の中で泳がせてあげるのもよいでしょう。人と一緒にいることを好む性格ですので、屋外と屋内を行き来できるようにするのが理想的です。被毛の手入れとしては最低限のブラッシングで十分です。

ジャーマンショートヘアードポインターの動画

 以下でご紹介するのはジャーマンショートヘアードポインターの動画です。
 作出過程ではオールドスパニッシュポインター、ダルメシアンビズラ、イングリッシュポインター、ワイマラナー、トラッキングハウンド、ジャーマンシェパードなどと交配されたようです。短い被毛は防水性で、足指の間にはわずかな水かきがついており、水中での作業も得意です。犬種特有の遺伝病がほとんどないため、大型犬には珍しく16年以上生きることも珍しくありません。興奮しやすい性格のため、しつけがやや難しく、また小さい子供のいる家庭での飼育は余りお勧めできません。
元動画は⇒こちら
ジャーマンショートヘアードポインタートップへ