トップ犬の健康と病気犬の消化器の病気犬の食道・胃腸の病気犬の出血性胃腸炎

犬の出血性胃腸炎

 犬の出血性胃腸炎(しゅっけつせいいちょうえん)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の出血性胃腸炎の病態と症状

 犬の出血性胃腸炎とは、胃や腸の炎症が悪化し、出血するまでに至った状態を言います。 健康な胃と出血を起こした胃の肉眼的、および内視鏡的外観比較写真  胃や腸の粘膜が急激に破壊され、水分と血液不足からショック症状に陥ります。さらに障害を受けた粘膜からは細菌や毒素が侵入し、敗血症などを引き起こします。
 犬の出血性胃腸炎の主な症状は以下です。さっきまで元気だった犬が突如としておとなしくなり、時に死に至るような重篤な状態にまで陥ることもあります。「胃腸炎」と呼ばれていますが、どちらかと言えば腸粘膜の破壊に起因する症状が強く現れます。
犬の出血性胃腸炎の主症状
  • 急に元気がなくなる
  • 赤黒い血便(ラズベリージャム様)
  • 嘔吐
  • 食欲不振
犬の出血性胃腸炎トップへ

犬の出血性胃腸炎の原因

 犬の出血性胃腸炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられますが、いまだ不明な部分も多い疾患です。一部免疫異常とのかかわりが指摘されています。
犬の出血性胃腸炎の主な原因
犬の出血性胃腸炎トップへ

犬の出血性胃腸炎の治療

 犬の出血性胃腸炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の出血性胃腸炎の主な治療法
  • 対症療法  疾患の原因がよくわからないことが多いため、必然的に症状の軽減を目的とした治療が施されます。具体的には抗生物質の投与(細菌感染を防ぐ)、ステロイドの投与(ショック予防)、輸液(喪失した体液を補い、脱水症状を防ぐ)などです。
犬の出血性胃腸炎トップへ