トップ犬の健康と病気犬の消化器の病気犬の食道・胃腸の病気犬の胃捻転

犬の胃捻転

 犬の胃捻転(いねんてん)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の胃捻転の病態と症状

 犬の胃捻転とは、膨れ上がった胃がねじれてしまった状態のことです。
 空気を飲み込んだり胃の中でガスが異常発酵することによって病的に膨らんだ状態(胃拡張, いかくちょう)を前段階とすることもあり、その場合は「胃拡張胃捻転症候群」(GDV)と呼ばれることもあります。 犬の胃捻転~食後すぐの運動で胃と腸が絡まってしまった状態  最も多いのは、胃の出口とつながっている十二指腸が、おなか側を右から左に通過して右回りにねじれるパターンです。腸がまるでロープのように胃を締め付ける結果、胃の中における食べ物の滞留、血流の悪化と炎症、周辺臓器の圧迫といったさまざまな障害を引き起こします。
 犬の胃捻転の主な症状は以下です。
犬の胃捻転の主症状
  • 腹部がふくれる
  • 腹痛(触ると痛がる)
  • 嘔吐
  • 頻繁なゲップ
  • 水を大量に飲む
  • 食欲不振
  • 大量のよだれ
  • えづく(吐こうとするが何もでない)
犬の胃捻転トップへ

犬の胃捻転の原因

 犬の胃捻転の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の胃捻転の主な原因
犬の胃捻転トップへ

犬の胃捻転の治療

 犬の胃捻転の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の胃捻転の主な治療法
  • 胃拡張の解消  胃にチューブを入れたり胃に太い針を刺して胃の中のガスを抜きます。
  • 外科手術  重症の場合は、全身麻酔をかけて開腹し、ねじれた胃を元の位置に戻します。ただ単に戻しただけでは、約8割の確率で再発しますので、胃の一方を固定することもあります。また症例によっては、胃を部分的に切除して容積を減らすという手術も有効です。
  • 食習慣の見直し  早食い・ドカ食いをあらためます。一度の食事量を減らしたり、一気食いできないような食器を用いるなどの方法があります。胃拡張を予防し、腸と絡まる確率を下げることが目的です。
胃捻転による犬の死  テレビ東京系で放映されていた「だいすけ君が行く!! ポチたま新ペットの旅」に出演していたラブラドールレトリバーのだいすけ君が2011年11月、胃捻転が原因で他界しています。
犬の胃捻転トップへ