トップ犬の健康と病気犬の神経系の病気犬の肝性脳症

犬の肝性脳症

 犬の肝性脳症(かんせいのうしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の肝性脳症の病態と症状

 犬の肝性脳症とは、肝臓の機能不全により血液の成分が変化し、脳に障害を与えてしまった状態を言います。
 肝性脳症は従来、肝機能低下により血液中のアンモニアなどが増えて発症すると考えられてきました。しかし、血中アンモニア濃度と症状の程度は必ずしも相関しないため、アンモニア以外にもメルカプタン、スカトール、インドール、短鎖脂肪酸、芳香族アミノ酸なども関わっているのではないかと推測されています。
 犬の肝性脳症の症状としては以下のようなものが挙げられます。
犬の肝性脳症の主症状
  • ふらふら歩く
  • 周囲への関心を失う
  • 食欲不振
  • 発育不全
  • 体重減少
  • 嘔吐
  • 腹水(おなかがふくらむ)
  • 水を大量に飲む
  • 無目的な行動(旋回・頭部押しつけ)
  • けいれん
  • 昏睡
頭部押しつけ行動
 肝性脳症に随伴する無目的な行動の一つとして「頭部押しつけ行動」というものがあります。これは脳の深い場所にある大脳辺縁系や視床下部と呼ばれる部位に病変がある時に発生する症状で、明白な目的がないにもかかわらず、壁や物などに長時間頭を押し付けようとします。引き起こす疾患は、肝性脳症のほか、水頭症、チアミン(ビタミンB1)欠乏症、脳腫瘍、脳炎、中毒、頭部外傷などです。
犬の肝性脳症トップへ

犬の肝性脳症の原因

 犬の肝性脳症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の肝性脳症の主な原因
  • 肝不全  肝性脳症という名称が示すとおり、原因は肝臓の機能不全です。代表的なものとしては 肝硬変、門脈シャント(門脈と大静脈がつながっている状態)などが挙げられます。
 肝性脳症の原因として多いのが、先天的、後天的な理由で発症する「門脈体循環シャント」と呼ばれる疾患です。これは、主に内臓からの静脈血が集合する「門脈」(もんみゃく)と呼ばれる血管の一部が、主に四肢からの静脈血が集合する「後大静脈」(こうだいじょうみゃく)と呼ばれる太い血管に連絡路(シャント)を作った状態を指します。門脈に集まる門脈血は、肝臓による解毒作用を受けていないため、アンモニアを始めとする体に有害な成分を高濃度で含んでいます。この血液が後大静脈に乗って全身を巡ってしまうと、その一部が脳にまで到達し、肝性脳症を引き起こしてしまうというわけです。 肝性脳症の原因として多い門脈体静脈シャントの模式図
犬の肝性脳症トップへ

犬の肝性脳症の治療

 犬の肝性脳症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の肝性脳症の主な治療法
  • 基礎疾患の治療  肝性脳症を引き起こしている肝臓の異常に対する治療が施されます。門脈体循環シャントがある場合は、外科手術によって血液の流れを修復します。
  • 投薬治療  体内でアンモニアが生成されにくくなる薬が投与されます。
  • 食事療法  まず絶食させてて腸内を洗浄し、体内の毒物をなるべく除去します。その後、アンモニア等が生成されにくい低タンパクの食事内容に切り替えます。
犬の肝性脳症トップへ