トップ犬の健康と病気犬の生殖器の病気メス犬の生殖器の病気犬の子宮内膜炎

犬の子宮内膜炎

 犬の子宮内膜炎(しきゅうないまくしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。

犬の子宮内膜炎の病態と症状

 犬の子宮内膜炎とは、子宮の内部を覆っている子宮内膜(しきゅうないまく)と呼ばれる部分に炎症が発生した状態のことです。 子宮頸管から上行した病原菌が子宮内膜炎を引き起こす  発情が止まっている時期における子宮は、内外の子宮口をぴったりくっつけて子宮頚管(しきゅうけいかん)を閉ざし、外部との交流をシャットアウトしています。しかし発情前期から発情期にかけての時期だけは別です。この時期になると、オスを受け入れて受精しやすくするため、子宮頚管を部分的に開いて精子が通りやすくします。すると、待ってましたとばかりに膣内にいた病原菌がこの管を通って上行し、子宮内膜に取りついて繁殖を始めます。このようにして内膜に炎症が起こった状態が「子宮内膜炎」です。なお、子宮内膜炎が長引き、子宮内に膿(うみ)がたまってしまった状態は子宮蓄膿症と呼ばれます。
 犬の子宮内膜炎の主な症状は以下です。
子宮内膜炎の主症状
  • 下腹部の痛み
  • 微熱
  • 膣からのおりもの
  • 不正出血
犬の子宮内膜炎トップへ

犬の子宮内膜炎の原因

 犬の子宮内膜炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
子宮内膜炎の主な原因
  • 細菌感染  各種の細菌が子宮内膜で増殖することで炎症が起こります。炎症を起こす原因菌の大部分は、膣に常在している細菌叢や大腸菌など、ありふれた菌ばかりだとされます。その他、呼吸器や消化器から血液やリンパにのって子宮内に到達するものもいます。
  • 女性ホルモン 発情期が近づいたメス犬の卵巣からは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。このホルモンの役割は、子宮内膜に作用して分厚く変化させ、受精卵が着床しやすくすることです。しかしこの子宮内部の変化は、受精卵のみならず病原菌にとっても住みやすい環境を作ってしまいます。ですから、女性ホルモンが間接的に病原菌の増殖を助長しているとも言えるでしょう。
犬の子宮内膜炎トップへ

犬の子宮内膜炎の治療

 犬の子宮内膜炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
子宮内膜炎の主な治療法
  • 投薬治療  炎症を引き起こしている細菌を特定し、最も効果が高いと思われる抗生物質を投与します。
  • 避妊手術 繁殖を計画していない犬においては、卵巣と子宮の摘出手術を行うこともあります。卵巣を取ることで子宮内膜の肥厚を起こすエストロゲンの分泌を抑制し、子宮を取ることで炎症が起こるそもそもの土台をなくしてしまいます。メス犬の避妊手術
犬の子宮内膜炎トップへ