トップ犬の健康と病気犬の内分泌系の病気犬のアジソン病

犬のアジソン病

 犬のアジソン病について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬のアジソン病の病態と症状

腎臓と副腎の位置関係  犬のアジソン病とは、腎臓の上にある副腎から分泌される副腎皮質ホルモンが不足することで発症する病気のことで、副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)とも呼ばれます。
 「アルドステロン」や「コルチゾール」といった副腎皮質ホルモンは、炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質レベル調整、免疫反応など広範囲の生理学系に深く関わっています。こうしたホルモンの量が少なくなると、主に以下のような症状を示すようになります。なおアジソン病とは逆に、コルチゾールの産生が過剰になった状態がクッシング症候群です。
犬のアジソン病の主症状
  • 元気が無くなる
  • 食欲不振
  • 身震い
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 体重減少
  • 水をたくさん飲む
  • 尿の回数や量が増える
  • 運動を嫌がる
副腎クリーゼ
 「副腎クリーゼ」とは、副腎皮質ホルモンが急激に少なくなった状態のことで、「急性副腎不全」とも呼ばれます。アジソン病の急性型と言えばわかりやすいでしょう。発症するのは、両側の副腎が同時に障害を受けたときや、すでにアジソン症を患っている患犬が大きなストレスを受けたときなどです。主な症状は、突然の脱力、微熱、呼吸困難、意識障害、ショックなどで、早急な治療が必要となります。
犬のアジソン病トップへ

犬のアジソン病の原因

 犬のアジソン病の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬のアジソン病の主な原因
犬のアジソン病トップへ

犬のアジソン病の治療

 犬のアジソン病の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬のアジソン病の主な治療法
  • 入院治療  急に発症する「副腎クリーゼ」の場合は入院治療が必要です。輸液と同時にデキサメタゾン(糖質コルチコイドの一種)を静脈内に投与します。
  • 投薬治療  緩やかに発症する慢性型においては、不足している副腎皮質ホルモンを補うため、鉱質コルチコイド製薬を生涯に渡って投薬します。なお、ストレスは副腎クリーゼの危険性を高めてしまうため、環境を整備してなるべくストレスのかからないライフスタイルを継続することも大事です。 犬の幸せとストレス
犬のアジソン病トップへ