トップ犬の健康と病気犬の筋骨格系の病気犬の多発性筋炎

犬の多発性筋炎

 犬の多発性筋炎(たはつせいきんえん)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の多発性筋炎の病態と症状

 犬の多発性筋炎とは、遺伝的な要因により皮膚と筋肉に炎症を起こしてしまった状態のことです。皮膚症状が強い場合は「皮膚筋炎」とも呼ばれます。
 炎症が何によって引き起こされているのかはよく分かっておらず、免疫系統の乱れ、感染症、腫瘍などの可能性が考えられています。多くの場合、生後6ヶ月ごろまでに股間やわきの下に皮膚炎症状が見られますが、他の疾患との鑑別が難しいとも言われます。
 犬の多発性筋炎の主な症状は以下です。
犬の多発性筋炎の主症状
  • 成長が遅い
  • 食道アカラシア
  • 元気がない
  • 筋肉の萎縮
  • 食事が遅い
  • 不妊
  • 皮膚炎(耳、顔、唇、しっぽ、骨の突出部)
  • 脱毛(生後12週ごろから)
  • かさぶた
犬の多発性筋炎トップへ

犬の多発性筋炎の原因

 犬の多発性筋炎の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
犬の多発性筋炎の主な原因
犬の多発性筋炎トップへ

犬の多発性筋炎の治療

 犬の多発性筋炎の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
犬の多発性筋炎の主な治療法
  • 対症療法  多発性筋炎に対しては効果的な治療法が無いため、症状の軽減を優先するような対症療法が施されます。具体的には皮膚炎に対する抗炎症薬の投与などです。
  • 発症予防  症状が軽いものの中には1歳になる頃までに自力で回復するものもいますが、本症は優性遺伝するため、病因遺伝子を保有した両親から生まれた子犬は、ほぼ全て本症にかかります。ですから回復したかしないかにかかわらず、本症を発症した個体を繁殖計画からはずす必要があります。
犬の多発性筋炎トップへ