トップ犬の健康と病気犬の感覚器の病気犬の目の病気眼瞼外反症

犬の眼瞼外反症

 犬の眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)について病態、症状、原因、治療法別にまとめました。病気を自己診断するためではなく、あくまでも獣医さんに飼い犬の症状を説明するときの参考としてお読みください。なお当サイト内の医療情報は各種の医学書を元にしています。出典一覧はこちら

犬の眼瞼外反症の病態と症状

 犬の眼瞼外反症とは、まぶた(眼瞼)が外側にめくれ上がった状態を言い、大多数は下まぶたに発症します。 犬の眼瞼外反の模式図  まぶたの内側を壁紙のように覆っている結膜(眼瞼結膜)が常に露出した状態にあるため、細菌感染を起こしやすくなります。また涙の出口である涙点(るいてん)が眼球から離れているため、涙の排水システムがうまくいかず、常に涙ぐんだ目を呈するようになります。
 犬の眼瞼外反症の主な症状は以下です。
眼瞼外反症の主症状
犬の眼瞼外反症~下まぶたが常時めくれている状態
犬の眼瞼外反症トップへ

犬の眼瞼外反症の原因

 犬の眼瞼外反症の原因としては、主に以下のようなものが考えられます。予防できそうなものは飼い主の側であらかじめ原因を取り除いておきましょう。
眼瞼外反症の主な原因
  • 遺伝 生まれつき顔の皮膚がたるんでおり、しわができやすい犬種においては生後間もなくから眼瞼外反の症状を示すようになります。好発品種は、セントバーナードブルドッグコッカースパニエルクランバースパニエルマスティフブラッドハウンドなどです。
  • 体重減少 極端に体重が減り、眼球を入れている眼窩(がんか)と呼ばれる部分の脂肪が目減りすると、眼球自体が後ろに下がったような状態になります。その結果、下まぶたの皮膚が余ってしまい、外反を起こしてしまうことがあります。
  • 後天的な顔のたるみ 後天的な理由によって顔のしわが増えると、余った皮膚が眼球周辺で外反を起こすことがあります。たるみを誘発するものとしては、老化による顔面筋肉の弱化、甲状腺機能低下症(粘液水腫)に伴う「悲劇様顔貌」、顔の筋肉をつかさどる顔面神経のマヒなどです。
  • 手術のミス 眼瞼内反症に対する手術として皮膚の切除を行った際、誤って皮膚を多く切り取った状態のまま縫い付けてしまうと、今度は逆に外反が起こってしまいます。
犬の眼瞼外反症トップへ

犬の眼瞼外反症の治療

 犬の眼瞼外反症の治療法としては、主に以下のようなものがあります。
眼瞼外反症の主な治療法
  • 角膜炎や結膜炎治療  角膜炎結膜炎を併発していることが多いため、これらの疾患治療が行われます。
  • ドライアイの治療  涙が外に流れ出ることが多いためドライアイになりやすく、点眼薬や眼軟膏が必要となることもあります。
  • まぶたの整形犬の眼瞼外反症に対する外科手術  外反の度合いがひどく対症療法が効かない場合は、まぶたの整形手術が行われることもあります。具体的には、外反を起こしている部分の皮膚を切り取って縫い付けるなどです。
犬の眼瞼外反症トップへ